カテゴリ:e.t.c.( 17 )

毎日が非日常的。

ミサイル発射のニュースで目が覚めて、
最初はこれこそが大変な事態じゃないかとオロオロしたけれど
何もしようがない。
これからは、この事態が日常。しばし、いつまでだろう。

地上波もBSもCNNも(BBCは違った)「北朝鮮」を繰り返すのを聞きながら、
以前撮った写真を引っ張り出して、現像をしていた。

↓これ!
e0076761_11004411.jpg
*Taken on August 8, 2016

仕事か稽古しかしないのは、さすがにちょっとツライものだから。
ノ(^_^;

Flickr に置いておけば、もし日本が沈没しても世界の何処かサーバーに遺る。
デジタル遺産というか…電子の捨て看板になるのは恥ずかしいと思いながらやっちゃう、多幸感溢れる自己満足。
しかしながら、世界の何処かも大丈夫という保障は無いんだ。
…と、斜に構えてしまいたくもなる。でもそういう態度って、ちょっと格好良くしているようで、すごい格好悪い。

そんな危うく揺れる現実感に乗っかって、今日もいつも通りに出勤。

で、明日は福岡。台風18号?それがどうした。
流祖祭は「必ず晴れます」と、先輩が断言されていた。己の数少ない体験を振り返ったら、自分もそんな気がしてきた。
行くべし。

please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.


by snowy_goodthings | 2017-09-15 07:00 | e.t.c.

It doesn't concern me.

劉暁波氏が亡くなったというニュースについて、
すなわち、1人のまったき人間の生き様と死に様じゃないの?
それをどちらも… ←思想がない頭で考え始めたから、結論はない。たぶん。無理。



by snowy_goodthings | 2017-07-14 21:00 | e.t.c.

May 23

1回投稿しかけて消したが、やっぱり書き足して残しておく。

--------------

5月22日は"お祝い"したい日であったのに。
日本時間で翌日となった5月23日の朝、
日本でも Manchester Arena での爆破テロのニュースは逐次流れてきていた。

NHKのニュースでは、
Manchester Arenaについて「ヨーロッパ最大の屋内競技場」という紹介をしていたけれど、
私は"英国およびEU圏において一番でっかいコンサート会場"という認識。
2012年の夏、オリンピック開会式翌日にあった Morrissey のコンサートを観に行った。

e0076761_10042946.jpg
*Taken on July 28, 2012
懐かしいなー
これ、二眼レフカメラを持って行ってフィルムで撮ったんだ


2016年の夏は行かなかったけれど、Youtubeに流れる映像をわくわくと観た。
そういう場所。


こういう時、政治家は「テロには屈しない」という呪文を唱える。
それって、理想としては正しいけれど、現実を表すには間違っている。
テロが起きたら、その現場にいる人々は死んでしまうか、怪我をするか、心身に傷を負うかする。
Manchester Arenaは "闘技場"ではない。
音楽に出会うために人々が集まる場所なのに、"戦う"用意なんてしていないのに、
どうやって突然まったく知らない人から仕向けられる暴力に「屈しない」でいられるのか?

そりゃあね、
自分だって"危険な事が起こるかもしれない"可能性について、何も考えないわけではない。
海を越えてコンサートやフェスティバルに出かけるたび、
日本国外務省から「海外安全情報メール」で知らされる渡航リスクの内容は物騒になり、
会場入口ではセキュリティチェックが段々と厳しくなっている。
実際、外つ国では尋常ではない光景にでくわす事があったりしたから。

だけれど。しかしながら。

私は「死ぬかもしれない」なんて覚悟をして、旅に出掛けたことなんてありません。
勿論「今、死んでも良い」なんて覚悟をして、会場に向かったことなんてありません。
旅先・ショーでの体験すべてを持って無事に家へ帰って、残る人生を少しでも良く「生きる」ために行くのです。

そんな自分の非力は自覚している。


*


たいてい綺麗事が好きな私ですが、
昨日、彼の地で起きた事について「負けない」とは言えない。どうやって「勝つ」の?
どうしよう。憎悪は悪い事態しか招かないのは理解しているから嫌なのだけれど、
今この瞬間は、"悲しむ"というより"怒る"しかできない。

理に適っていない。

ただし、漠然と。次の瞬間にはちょっと違う思いも湧き出てくるのです。
このような命の遣り取りは、今日も世界中で起きている。明日もおそらく何処かで起こる。
規模とか状況とかの違いはあるだろうけれど、同じ事が繰り返されている。
これまでもそうだった。これからもそうなる。

果たして、
果てるまで、すべてに怒り続けていられるだろうか?



by snowy_goodthings | 2017-05-23 23:00 | e.t.c.

「東北でよかった」

たとえば、弘前城の桜の見事さ。
e0076761_10282357.jpg
*Taken on May 6, 2011

政治家のあれこれは、知ったこっちゃないです。


by snowy_goodthings | 2017-04-26 08:15 | e.t.c.

酷い、酷すぎる

世界のあっちの方とか、こっちの方とか…いろいろと。
e0076761_23375365.jpg
*Taken on September 5, 2016
写真は本文と関係ありません、あるわけがない
(^"^;


だがしかし、
素晴らしい事だってあるんだ。うん。

by snowy_goodthings | 2017-04-07 11:00 | e.t.c.

The Wall

時代は巡り、世界中には壁ばかり。
過去と現在は違うが、過去があるから現在がある。変わったり、変わらなかったり。←笑えない
e0076761_02133244.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.
全然違うモノを求めて Google検索していたら
何故か英国共産党の機関紙に行き当たり、ざわっとした感触。
冷戦終結時の記事だと思わず、
最近の悪趣味な風刺と思っちゃう、間抜けな第一印象形成をするのでありました。

ちょい引っ掛かるので、メモしておく。ただし、何をするって訳ではない。

by snowy_goodthings | 2017-02-27 16:00 | e.t.c.

Weihnachtsfrieden

21世紀の現在、「クリスマス休戦」みたいなことは不可能なんだろうか。
by snowy_goodthings | 2016-12-20 09:00 | e.t.c.

December 15

シリアのアレッポで戦闘が再燃した翌日に、ロシア大統領が日本に来るらしい。

NHK、BBC、CNN、その他あちこちのニュースメディアをぐるっと眺めて、
言語読解力の無さに頭を抱えながらもちょっとは読んでみてやっと、世界で何が起きているのか知る。



by snowy_goodthings | 2016-12-15 12:00 | e.t.c.

July 15~16, Turkey

イスタンブールは猫の街だ。
e0076761_11400000.jpg

人間同士で何をしている。

…とか打っていたら、
我が家の上空を戦闘機がいつもより大きな音を立てて飛んでいった。
厚木基地の米軍か自衛隊か、どっちかな。横須賀基地に向かっているなら、米軍かな。
今日はずいぶん低空飛行。かつ、何度も旋回している。

世界の彼方此方、どうなっちゃっているんだ。


by snowy_goodthings | 2016-07-16 11:36 | e.t.c.

良い知らせと悪い兆しが一緒くたに降ってくる

思いきり喜んで良いのか、ちょっとは嘆いたほうが良いのか。身近な事も、遠くの事も。
最近そういう事ばっかり。
e0076761_13450990.jpg

だんだん、自分が願うことについて確信が持てなくなりそう。いつか、そんな日が来てしまう。

ならば、手が伸ばせば届きそうな事は精一杯。今はまだ、できる。
まぁ、綺麗事なんですけれど。



by snowy_goodthings | 2016-06-14 12:00 | e.t.c.


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る