カテゴリ:買物記( 54 )

徳江正之 写真集「剣道・伝説の京都大会(昭和)」

待ちかねていた1冊が届きました。
e0076761_21450800.jpg
徳江正之 写真集「剣道・伝説の京都大会(昭和)」
体育とスポーツ出版社


存じ上げている筈の先生達が、知らない容貌(とても若い)で写っている。
柔らかい風合いのモノクロ写真なんだけれど、鋭くって隙がない。

すごい!すごい!すごい!


奥付には写真家ご本人の写真はなく、簡単な略歴のテキストのみ。
この簡素さは問答無用。
自分がかつてどこかの大会で撮った姿でも貼っておこうかしら。


*


写真家さんについて、ごく個人的な思い出は
神奈川県で集合写真を撮るため「シャッターを押してください」と
お願いしたのに対し、にこやかに「えぇ、良いですよ」と応えて頂いたこと。
Nikon使いのプロフェッショナルに、
Canonのカメラを預けたアマチュアの自分は、なんという無茶な事をしていたんだか。
そうやって慌ただしく無理して撮られた写真は微妙にピンボケていたのだが、
被写体の我々の表情はとても嬉々としていた。

それと、地団駄踏みまくって絶句された事もありました。これは恥ずかしかった。

ほんの数年前の事なのに。懐かしいです。


by snowy_goodthings | 2017-04-28 21:15 | 買物記

Record Store Day 2017 もういちまい

映画「ブレードランナー」のサウンドトラック、ピクチャー盤。
e0076761_11081348.jpg
o(>▽<)

文字通り、ジャケ買いでした。これが、お店で買い物をする醍醐味。

by snowy_goodthings | 2017-04-22 11:21 | 買物記

Record Store Day 2017

街中に住んでいて良かった。稽古へ出掛ける前、道着に着替える前に
"ちょっと行ってみるか"と思い立った勢いでレコード店に行ける。

たぶん、新宿や御茶ノ水に比べたら控えめだったと思われるが、
横浜でも「レコードショップに行き、アナログレコードを始め、カセットやCDやグッズを手にし、
アーティストとショップ、そしてリスナーの皆さんで音楽の楽しさを共有する、年に1度の祭典」は
開催されていた。
わーい、生まれて初めてその当日に行った。

おめでたい年末近いホリデーシーズンの店頭に並ぶのかと思ったら、違った。
今日だった。

功罪どちらもありそうな、アートとビジネスとが共闘して、
蒐集家と転売屋とがフルボッコしながら跋扈する
RSDなる催事のリストに The Smiths が載ったことは、自分の印象においては意外でした。
…え、そんな事はない?申し訳ない、不見識でした。 (^_^; まぁ、いいや。

自分の五感で印象を更新すべく、買いました。
おそらく此処では1枚くらいの入荷だったらしい、幸運にも買えました。買っちゃったよ。
e0076761_16250481.jpg
1980年代の「いま」を語った歌は、2017年の「いま」だって響く。
私小説のような言葉の向こうには歌の主達が対峙する「世界」があって、
「世界」は自分ではない人間とか政治とか経済とか宗教とかさまざまな産業とか…
んー、語彙が無いから思いつかない、あれやこれで成り立っている。

歌の主達は「世界」に各々己の体ひとつで立ち向かう。その姿は、昔からずーっとそのまま。

かつての「いま」は苛烈な時代であったかもしれないけれど、
現在の「いま」だって激動の時代だよ。
だから、このEPレコードは今の「いま」の歌。"歌"について、私の第一印象においては、そう。

(^▽^)


*


4/23追記:
上の "Trump will kill America” のエッチング写真は Flickr に元ファイルを置いてあるのだが、
外つ国のファンの方々やメディアに引用・転載されている模様。

著作権とかはメッセージを刻印した歌の主達か誰かのものであって(誰なんだ?)、
私はそれを"ありのまま"撮っただけ。
  レーベルの向きとエッチングの配置が絶妙なのは、本当に偶然。
その "事実" を伝える目的で使って頂くならば、歓迎。
なんらか意味とか価値を見出すことに資するのならば、それって光栄。何を思うか、ご随意に。
それこそが
"写真を撮る"という我儘で不躾な行為の真骨頂。

正体不明な日本人の写真について、
主張した Creative Commons に従って掲載してくださったメディアには「どうもありがとう」
(面倒くさいだろうに、わざわざ…)、
キャプチャーしてSNSとかで勝手に貼っているファンの皆さまには「くたばれこの野郎」と
毒づきながら、
どちらの皆様におかれましても
素晴らしい日常が1日でも永く続くようお祈り申し上げる次第です。
あはは…

凄い、凄いんだ。

したっけ、
前にも思ったけれど此処は「アメリカがクシャミをすると風邪をひく」と言われる日本です。
もしアメリカがそうなっちゃたら、私が住む国はどうなっちゃうんだろう。
そして「肺炎になる」世界は?





「音楽の楽しさ」?

いまさら、困惑し始めている。私には理解できない。


*


4/28追記:
Facebook の 'Morrissey Official' って、あれ何ですか? ←捨て身なボケをかましてみる
(実際のところ、知らない)
自分の日常において見聞した出来事を撮っただけの筈なエッチング写真が、
そこのタイムラインに貼られていた。えーっ

ちょっと心臓に悪い。
さっき気付いて、3分間ほどオフィスの中でオロオロしていた。
(^_^; まぁ、いいや。だんだん、愉快痛快になってきた。

それはさておき。もはや
鑑賞者の感受性を問う記号と化したっぽい、その写真にぶら下がったコメントが、
いちいち素敵。
肯定的な捉え方とか否定的な捉え方とか、
共感、違和感、困惑、拒絶、好奇、理解、解釈、同意、非同意、etc...
そうやって、頭と心とを動かす真摯なヒト達がいるという"事実"にクラクラしている。
たった1枚のシングルレコード、その片面の一文に。
いまどき、あんなに脳に冷や汗をかかせて、心にぎゅうぎゅう詰め寄ってくる
現象ってあんまり無い。たかが音楽、されど音楽。

自分も、自分で感じる事・自分なりに考える事を大事にしよう。
良いも悪いも、なにもかも迷ってばかりであるが。
しかし、真相や真意みたいな正解を求めても仕方が無い。
こちらは知る術も由も無い。知ったところで、何か良い事でもあるのか?
  なんだっけ、そんな感じの歌があったっけ…
  というよりも、この状況に符合するような歌とかなかったっけ…





それよりも、なによりも、
ただ空気を吸って与えられるのを待っているより、自分で自分を動かして掴みに行きたい。
そろそろ、行きたい。やっと、行けそうな気配になってきたから。
e0076761_22111920.jpg
*Taken on August 6, 2016

あの表現者を観て・その歌を聴いて、
自分はどうなるのか。それこそが、肝要。私はどうしたいんだろ?

please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
Photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.

by snowy_goodthings | 2017-04-22 11:20 | 買物記

Oscar Wilde L'impertinent absolu

購入手続きから1ヶ月経ってやっと届いた、
パリ Le Petit Palais で開催中(2016年9月28日〜2017年1月15日)
e0076761_21434770.jpg
まぁーったくフランス語を読めないのに、どうやって読むのだ?自分。
(≧▽≦)

ちらっと年末年始にパリに行ってみたい計画を考えた瞬間があったのだけれど、
iMac買い替えで吹っ飛んだ。実行性の確度は低めながら、いつか是非。



by snowy_goodthings | 2016-12-17 20:50 | 買物記

iMac買い替え

iMacがとうとう壊れた。

だもんで、7年ぶりに買い替えた。昨日、到着。
折角だ、前回と同じように記念写真を撮っておこう。
e0076761_22323392.jpg
機械はいずれ壊れるものであるが、
HDDに貯めてきた写真や音楽やビデオのいくつかは、我が知覚と記憶との補完資料であります。
もし吹っ飛んだら、泣いても諦めきれない。

復旧とバックアップに1週間かかった…いや、1週間で済んだと言うべきかな。

残るは、2013年のムンバイ旅行で撮った写真のみ。
このフォルダだけうまく作業できないというのは、「また行きたい」と思うべき巡り会わせか?
(^_^; 旅行代を稼がねば。


by snowy_goodthings | 2016-12-14 22:38 | 買物記

鹿

Touch the GOND さんから「鹿」が来た。(^▽^)
e0076761_00364601.jpg
上と右の空間をどうしようかな…


by snowy_goodthings | 2015-07-13 12:00 | 買物記

Meet the ART of Central India

仕事納め後、自由が丘へ寄り道。
e0076761_00062838.jpg
K女史 が立ち上げた Touch the GOND 初めての展覧会を観に行ったのです。

Gond Art = ゴンド画は、インド中央に位置するマディヤ・プラデーシュ州
मध्य प्रदेश (ヒンドゥー語で"中央の州"という意味)の伝統技法から発展した
コンテンポラリー・アート。

緻密な筆致で描かれた、自由で奔放な世界。
リアリティとファンタジーとが、当たり前のように隣り合っていたり絡み合っていたりする。

インドらしい…というより、インドだから在る絵。そんな印象。


で、ご縁を感じた1枚を我が家に迎えることができた。
e0076761_00243539.jpg
今はこんな感じ。
ミッフィーちゃんと奈良美智さんに挟まれて、「かわいい」感を醸している。
e0076761_00293288.jpg



by snowy_goodthings | 2014-12-26 19:00 | 買物記

中華鍋は鐵だ

どうしても熱し過ぎたり、ビーターでがりがり削ってしまう癖があるので、
テフロン加工・セラミックコーティングのフライパンをすぐダメにしてしまう。
使役者の悪癖が直らないんじゃ、ものすごくお高いモノだって、とてつもなく優れたモノだって
瞬く間に摩耗して疲労して捨ててお仕舞いの繰り返しである。

そろそろ学習しました。スペックはとことん単純なのが良いです、何事も。
(^_^;

そんなわけで、我が在所
横浜が誇る山田工業所の片手中華鍋。

プレス加工ではなく、刀みたいに叩いて鍛えて作られた"打ち出し"ってのが頼もしい。
e0076761_18324281.jpg

これは板厚1.2mm・直径30cm、約980g。居合刀よりも軽いから、片手で振るに容易い。
by snowy_goodthings | 2014-01-12 18:33 | 買物記

フライパンは鐵だ

"100年使える"と評判のTurk製パン。
今からじゃ100年使い込むのは無理だけれど、買ってしまった。(^_^;
e0076761_23172291.jpg

四角い鉄の塊を叩いてこの形にしたっていう、刀鍛冶のような職人技で作られたフライパン。
それを聞いただけでワクワクするじゃないか。

買ったのは直径20cmと、小ぶりなサイズ。
でも、これで0.8kgあるのです。持ってみると、太刀のような重量感。
これをぶんぶん振り回して殴ったら、ぜったいにヒトを殺められそう…しないけれどさ。

NHK朝ドラ「あまちゃん」で種市先輩が喋っていたのに感化された"寿司屋の玉子焼き"とか、
e0076761_23162240.jpg

「ぐりとぐら」のあの"カステラ"みたいなパンケーキとか、
e0076761_23162889.jpg

ゆるゆると火を通すモノを作ると、たいへん素敵に焼き上がる。

なんてこった、俄かに料理好きぶってしまう。


自分が死んだら、オットは料理ができないし…どなたか譲られてやってください。
使ってください。
そのくらい、これは良い。(^o^)
by snowy_goodthings | 2013-08-28 15:15 | 買物記

VIVA RANGEFINDER

頭(脳神経外科)の医者から「継続的な運動は必須」とありがたいご指導を頂いたので
ぼつぼつ稽古を再開中。

先週は居合刀を持ち出して、「このヤロ、このヤロ」と
誰かしらを想いながら(←ごめんなさい)素振りを何回か。でも思った。
本気でヒトを斬ろうとするなら、その一振りにかける"気"のなんと重たいこと、重たいこと。
10回かそこらで断念。

居合って凄い世界だ。自分にできるんだろうか?

今週は杖の稽古を再開。
まだ目眩で体の軸がユラユラしているのに、五月雨「微塵」であと5mm位斬らせて
払おうなんて負けん気出しちゃったら、あえなく失敗。
オットにばっくり額を斬られた(打たれた)。稽古で良かった。真剣勝負なら即死だもん。

頭痛と震盪と、どっちもツライ。(>_<) いかんいかんいかん!稽古しないと。

…というわけで、先生に朝稽古をお願いしたら、あっさり引き受けて頂けた。
やったー
始発で出勤することができるなら、始発で稽古にいくこともできるだろ。


*


そんなこんな稽古欲の復活と一緒に蘇ってきたのが、写欲。

Leica M4を衝動買い。
e0076761_18573988.jpg

ななこ(CANON 7+50mm F0.95)のオーバーホールを目論んだのだが、作戦変更。
距離計が不安定なボディは引退させて、
レンズをMマウントに改造してLeicaに装備させるつもり。

ついに、レンジファインダーカメラの"あがり"まで来てしまった。
M2やM3でもM5やM6でもなく、ましてはM8でもM9でもないのは、
たまたまお店にあったのがM4だったから、フィルムカメラだったからってだけ。
出会いで感じた"熱"は、今回やや低め。
だから、呼び名もまだ決めていない。
ライカだからスプートニク2号のライカ犬→Кудрявкаにしようかと思ったが、
ドイツのカメラにロシア語コードネームもねぇ。

したっけ、
サイズが合うケースを探したり、ストラップを選んだり、
結構"うきうき"といじっているのも事実。

でもって、
お約束の1枚目はうさこ。今回はらびさんも一緒に撮ろう。
e0076761_1993143.jpg

Leica M4 + Elmar 50mmF2.8×Solaris 400


フィルム1本目は充填ミスして全滅したが、2本目は大丈夫だった。
ちょっと気難しい彼女ができた気分。
これから先、このコとの付き合いで起こるであろう良い事も悪い事も愉しみ。

あ、そうか。仕事も稽古もそのくらいの心持ちで構えてなきゃあ。
by snowy_goodthings | 2013-04-13 18:00 | 買物記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る