カテゴリ:家食記( 131 )

切り干し大根

早速、炊いた。 (^o^) 今日もビールで晩酌だいっ。
e0076761_16482571.jpg

by snowy_goodthings | 2017-03-19 16:30 | 家食記

生きている

先週買った大根・人参の首を水に付けて窓辺に置いておいたら、たった4〜5日で葉っぱがワサワサ。
e0076761_20524784.jpg
朝「今日も元気かい」と声をかけながら水を取り替えて、
夜、帰って来ると1cmくらい伸びている。すさまじい成長っぷり。

青ねぎも根元5cmくらい残しておいて水に挿したら、ニョキニョキと伸びてきた。
いやーん、毎週1袋を買っていたのがバカみたいじゃないか。すさまじい生命力。
e0076761_01442188.jpg
刈り取られ、切り刻まれてもなお、彼らは生きている。

そして、そんな彼らを我々は食べる。それが、我々が生きるための営み。
e0076761_01452235.jpg
いただきます。


by snowy_goodthings | 2017-03-18 11:45 | 家食記

常備菜

今週の常備菜はこんなん。
この他、おとめ納豆、緑の野菜をただ湯がいて冷凍したもの。やや茶色い。
e0076761_15454218.jpg
文字通り野菜のみ。
最近、冷蔵庫が壊れて買い替えたのだが、
肉・魚・卵をまだ入れたことがない(加工品の含有物・調味料はアヤシイ)。
入れるのを憚られるようなモノを貼っちゃったからという負けず嫌い(牛乳は入れている)。


習慣化しちゃうと、自炊する限りはどうって事ありません。本当だってば。
したっけ、
食べる・食べないといった信条とか禁忌について、
自分の正しさについて言い訳するとか、自分と違う他人に難癖つけるとか、
そういう言説は興味が無いのだな。

あぁ、メシの話に限ったことじゃないか…
他者を掌握したり論評したりしたがるのって、自分自身に対する相対評価の発露だろうか。
わざわざ理由を作って見下すか、粗捜し・揚げ足取りでひきずり下ろすかして、
自分のほうを上に置く言い回しとかあるじゃないですか。あれ、あれ。
そんな事をするよりも、自分を絶対評価するほうが格好良かろう。違うのか。
普段、杖道の試合は相対評価ですが…だからか、余計にそう思う。
(^_^; 「憧れている」ともいうのか。

そんなことより…
いろんな葛藤があっても、食うに困らず生きながらえていられることの有難さよ。


by snowy_goodthings | 2017-03-12 15:00 | 家食記

秋の土鍋

寒くなったので、鍋。
e0076761_13504772.jpg
昆布出汁に醤油と味醂、焼き豆腐と水菜と牛蒡と春雨。
鍋料理の具材は簡素に少なく…が自分の中でブームになっている。簡単で良いし。

ただ、
作ったのは良いのだが、偏頭痛でほとんど食べられず。明日、食べる。


by snowy_goodthings | 2016-11-04 20:00 | 家食記

Tofu dumplings au the Tower of Babel

オレにとって、餃子作りにおける最後の難関は「焼き」だ。
e0076761_21303575.jpg
フライパン相手に「どうして、持ち主の言う事を聞かないのっ」とキレること10数分。
残念ながら、私には鉄のフライパンと言葉を通じ合わせるようなスキルがない。

平たく焼くつもりが、山盛りに焼けた。(^_^; 何故だ?


その手前まではかなり手際良くできるようになった。
今日の中身は、厚揚げ豆腐・ニラ・椎茸・舞茸・生姜・すり白ゴマ・塩。
厚揚げ豆腐よりも高野豆腐で作るほうが好みなのだが、これはこれで美味かった。ただし、水分量だけ要注意。

次回は、
五葷(ごくん:ニラ、ニンニクなど匂いが強いネギ科・セリ科の植物)抜きで作ってみるつもり。



by snowy_goodthings | 2016-08-20 21:00 | 家食記

Jansson's temptation

面白がってやることができる限りは、相変わらず自分で作る炊事は菜食っぽいのであります。
あくまで、"っぽい"だが。

だってさ…

テレビCMで「野菜食」を訴求しているメーカーさんのカスタマーサービスセンターに、
「ベジタリアン向けの製品はあるのですか?」と問い合わせをしてみたら「ありません」と即答された。
そのメーカーさんの製品について、
その筋の情報サイトで"ベジタリアンでもOK"という紹介記事があったのだが。
添加物が動物性素材由来であるらしい。しかし、その名称からどういう生成物であるのか判別できず。
(いつぞやかのJALさんみたいに、詳細には教示してもらえなかった)

納豆はメーカーさんによって納豆菌の培地が肉エキスであるとか
(食物連鎖を考えれば、生き物の死骸に菌が繁殖する現象はとても"自然"であると思うのだが)、
ビールやワインは濾過・清澄の工程でゼラチン・カゼインが使われているとか
(元来は使わずに醸造されていたものだし、不使用の製品も数多くあるのだが)、などなど。

いろいろ知るに、「食」の産業はややこしい。


*


先日の出張で、広大な美瑛のジャガイモ畑
(植え付けが終わったか終わらないかって時期なので茶色い土の丘だったが)を眺めて以来、
無性にジャガイモを食べたくなった。

だもんで、「ヤンソン氏の誘惑」を作った。

正調レシピは、ジャガイモ、タマネギ、ニシンのアンチョビ、生クリーム、バター、パン粉…であるが、
アンチョビは冷蔵庫に大量にあった干し椎茸に、
生クリームは絹ごし豆腐とニンニクに、バターはオリーブ油に、
パン粉は「たかはしよしこのエジプトの塩」に変わった。
e0076761_22490940.jpg
…もはや、ヤンソン氏の面影は無い。 (^_^;

オットいわく、
今週末の洪福寺松原商店街において、"いちばん元気が良く見える"野菜はジャガイモだったらしい。
事実、美味かった。


黄色い料理ばっかりじゃ色味が悪いので、ソラマメとレタス。
e0076761_22592443.jpg
ビールが進むのでした。だから、あくまで"っぽい"のであります。


by snowy_goodthings | 2016-05-21 23:02 | 家食記

Vegetarian Sarmale

ルーマニア料理の定番、サルマーレを作ってみた。
すなわち、
酢漬けキャベツで作ったロールキャベツ(季節によっては葡萄の葉を使う)。
かつ、
ルーマニア語と英語と、いくつかサイトを見様見真似して、菜食者向けの。

以下、次に作る時のためにメモ。←すぐ忘れるから

□包むもの
 キャベツ、酢

□入れるもの
 玉ねぎ、人参、木綿豆腐(1時間水切りしたやつ)、米、
 茄子(焼いて皮をむいたやつ)、舞茸、生クルミ、乾燥ほうれん草、
 パプリカパウダー、塩、胡椒、ナツメグパウダー

□覆うもの
 酢漬けキャベツ、パプリカ、タイム、
 トマトジュース、醤油

20分くらい煮込んで、30分くらいオーブンで焼いたら、
おぉ、なんだか
ルーマニアで見たことがある料理とよく似ているものができあがった。
e0076761_00030077.jpg
おぉ、ちゃんと
ルーマニアで食べたことがある料理とよく似ている味にできあがった。
e0076761_00045324.jpg
ルーマニアで食べたサルマーレは、肉入りだったのだけれどね。
なのに、よく似ている食べ心地と味がする。何故だ、"もどき"料理の妙。


*


まーったく、
「健康」を目的にして肉・魚・卵の摂取量が減ったわけではないのだが、
昨秋から菜食主義者みたいな(あくまで、みたいな)食事量が増えた結果、
1月の人間ドックでは血液検査の結果が劇的に「良く」なっていた。
(^_^; あれれー?

検診結果について説明を受ける医師面談の時に、
「最近、できる時には菜食主義の真似みたいなことをしていて…」と話したら、
「素晴らしい。ぜひ続けてください。」と褒められた。
(^_^; あれれー?

ついでに言われたのは、
「でも、まったく肉や魚を食べない訳じゃないんでしょう?なら良いですよ。
格好良いから"ベジタリアン"を名乗るヒトがよくいるけれど、
そういうヒトは隠れて肉を食べていると聞きますから。
その位のやり方がちょうどいいでしょう。」

(^_^; 先生、「格好良いからベジタリアン」って何ですか。
なにか心当たりでもあるんですか。



by snowy_goodthings | 2016-02-22 21:30 | 家食記

是非に及ばず

旧東欧から帰ってきて、ちょっとだけ変わったこと。

家で自分が作る食事は、
乳製品・蜂蜜は摂るが肉と魚と卵は摂らない
菜食(Lacto-VegetarianismだかVeganだか、曖昧)に則っている。↓こんな感じ。
e0076761_18324986.jpg
この週の常備菜は、Veganっぽい。
しかし、ジャイナ教の方には間違いなく「違う」と言われるであろう構成である。


我ながらいやらしいのだけれど、
平日夜かなりの頻度でオットが作る夕食とか、外食の時に出てくる料理は、
菜食ではない。買ってきた食べ物には、しばしば鶏卵加工品が含まれる。
そんなんであるのだが、帰国後、最近1ヶ月間の食事で菜食実施率は、
朝・昼・夜の食機会3回×30日=90回のうち85%くらい。←ざっくり、おおよそ


そんなことをしている理由は、とてつもなく簡単。
海を越えてでかけていって Morrissey を観て・聴いて、
さんざん自分が思ったり願ったりした通りの素敵な体験をしているんだから、
なにかひとつくらい"変化"があったって良いじゃないか。それだけ。

そういうのであるが、言っておくけれど、
モリッシー御大の意に従う事に喜びを感じるのとは違うよ。
グラスゴーでPeTAのマダムに
「milk飲むなんて、とんでもない」と叱られて、いまだ困惑しているし、
日本で昔から聴いているファン、あるいは
海外で大陸をまたいで追っかけているファン
皆さん、全員が必ずしもvegan / vegetarianではないことを知って、
いまだ困惑しているし。いろんな人がいる。

植物にだって魂はあるから肉・魚を食べないことが「優しい」とは思わないし、
野菜不足は身体に悪いらしいが野菜しか食べないことが「健康的」とは思わない。
したっけ、
肉・魚を食べることが"長寿の秘訣"と言われても「長生きは幸せ」とは思えない。
でも、そういう
"自分と違う考え方・行動をする人間が存在することが許せない"
是非を問う議論は知ったこっちゃない。
この辺り、一昨年のムンバイ旅行で感じることがあったんだ。

勝手にやってください。オレは関わらない。そんなの、
地球上の遥か遠くで起こっている紛争や政争と原理は一緒じゃん。
何を望んでいるの?それでどうなるの?考え方が甘い自分には耐えられない。


…まぁ、
メインディッシュの肉・魚を「食べきれない」と途中で残しておいて
デザートは「別腹」と宣うて喰らうオンナなんか見ると、
オレだって殴りたくなる時はあるけれどさ。
o(^"^;


by snowy_goodthings | 2015-11-22 23:30 | 家食記

鶏一羽焼いた

日本では信仰に関係無く、
12月24日の夜に多くの家庭や飲食店で大量の鶏が焼かれるのである。

我が家も焼いたよ。今年はまるごと一羽。
e0076761_17472274.jpg
できあがりの見ためはイマイチ残念。
e0076761_17510520.jpg
時間をかけて仕込んで作ったけれど、あえなく翌日には食べ尽くした。罪深い食事。


by snowy_goodthings | 2014-12-23 17:00 | 家食記

しらすトースト

バターとしらすと海苔!このコラボがもーサイコーで!
e0076761_0163661.jpg

…オレが作るとこうなった、
「海街diary」で読んだしらすトースト。

最近、
映画やテレビドラマやマンガの舞台として話題になることが多い鎌倉〜江ノ島あたり。
週末になると県内外からの来訪者で溢れているとか。
その熱狂が少し穏やかになった頃を見計らって(それっていつ?)、
鎌倉キネマ堂さんのしらすトーストを食べに行ってみたいと思います。


なんだか、
日曜日に若宮大路をてくてく観光客の間を擦り抜けて稽古にでかけた頃が
猛烈に懐かしい。

いま、
稽古のためにやりくりしている努力と労力と、何故もっとあの頃にできなかったのだろう。

by snowy_goodthings | 2014-07-12 09:00 | 家食記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る