カテゴリ:昼飯記 港区界隈( 31 )

Nandhini 虎ノ門店

何度でも、ナンディニ。
e0076761_00101451.jpg
かなり気に入っている、レモンライス。頂くのは、のべ3回目くらい。
(^o^)

今日はビリヤニがある日で、両隣のお姉さん達がネパール風っぽいチキンビリヤニの山盛りと格闘していた。すんごい量。
でも「食べきれない」とギブアップしても、ここのお店は大丈夫。残りは持ち帰り箱に詰めてくれる。
それ、良い。
持ち帰り不可な店もあるけど、此処はOKだって。

いいなぁ…ベジビリヤニを作ってくれたら、頂いてみたい。
巡り合わせを楽しみに待とう。


by snowy_goodthings | 2017-08-21 13:15 | 昼飯記 港区界隈

Nandhini 虎ノ門店

何度目だ?ナンディニ!
e0076761_00055134.jpg
今日は午前中のクライアント訪問から帰社がてら、
「カレーは嫌いじゃないよね?」「辛いの大丈夫?」と、同行者氏を巻き添えに立ち寄り。

はっ…もしカレーは嫌いで、辛いのが大丈夫じゃなかったら、どうしたら良いんだ?
(^_^;



by snowy_goodthings | 2017-07-31 13:00 | 昼飯記 港区界隈

Nandhini 虎ノ門店

瞬間的に目の前でタスクが山積みになったから、逃げて来た。今日はレモンライス。
おかずのカレーはチキンかキーマなんだけれど野菜にしてくださいと言って変えてもらった。
e0076761_00352517.jpg
世辞ではなく、社外で昼メシを食べようと思うと此処ばっかり来ている…


不思議なんだけれど、此処は4月のオープン以降、
週に1回以上は来店する南インド料理通な常連さんが増えていると伝聞するのだが、
行くたびに近くのテーブルに居合わせるお客さんは大抵「初めてー」と目の前の皿に歓喜の声を挙げている。
で、彼らの会話を聞いていると、
インド料理はイタリア料理みたいに北と南とで全然違う(東と西でも違う)事を知らなかったり、
バースマティをタイ米と呼んだり、ベジとノンベジとは何ですかと尋ねたり、
ワダはおからドーナツみたいだと言ったり、
未知との遭遇をしていると思しき反応がいちいち面白い。
わかる、わかる。ある、ある。
ただ、
皿いっぱいの料理を自分で自分のために頼んでおいて、「食べきれない」と残すのはマナー違反だ。
此処では饗宴の主人に満足の意思を表する必要はないし、
此処には貴殿達が残りを与えるべき目下の人間もいない。←すまん、気になるんです。


そして、今日とうとう判明した。
顔なじみのお給仕のお兄さんは、オレのことを日本人であると思っていなかったんだって。
じゃあナニジン?
/(^_^;
お隣のテーブルのご新規さん達が注文するのに迷っているのをちょっと一言フォローして助けたら、
ラッシーをご馳走してくれました。やったー♪


by snowy_goodthings | 2017-06-23 13:20 | 昼飯記 港区界隈

Nandhini 虎ノ門店

何度目だ?ナンディニ。
e0076761_23455360.jpg
今日はパラタ(ポロッタ)と野菜カレー。 (^o^) 此処に来たら、ナンじゃないだろーう。

ちょこっとした挨拶をカタカナ・ヒンディー語でして以来、
顔なじみになったお給仕のお兄さんが英語で挨拶してくれるのが、微妙に気になる。
まぁいいや。また来ます。



by snowy_goodthings | 2017-06-14 12:40 | 昼飯記 港区界隈

Nandhini 虎ノ門店

まだ2~3回しか来たことがないのに
お給仕してくれるお兄さんが顔見知りみたいにフランクな挨拶をしてくれるナンディニさんで、
日曜労働前に腹ごしらえ。
e0076761_08070186.jpg
迷わず、ベジミールス。

おい、そこらの若人。
やたらめったら「コスパ(cost-performance)」とか言う価値観は、オレは大嫌いだ。
斜め上から見下ろすな。
もし、目の前の食膳について強いて正しく言い表すなら「お値打ち」であろう。

(^o^) 美味しかったです。お料理を作ってくれたヒト達に向けて、驚きを込めた敬意を。

さぁ、働くのだ。


by snowy_goodthings | 2017-05-14 13:00 | 昼飯記 港区界隈

GANESH CURRY

勤務先の近くには沢山カレー屋もインド料理屋もあるのだが、
マッカーサー新虎通りの端から端まで歩いていった。並ぶそば屋、港屋の並び。

インド人のご主人が作る日本式カレーだよ。 (^o^)
e0076761_01232229.jpg
ここの野菜カレーは野菜だらけカレー。
正体不明感を含めて、好き。
見た目は間違いなく日本のカレーなんだけれど、それだけではない味がするのです。
  新橋5〜6丁目界隈のインド料理店にある、冷凍ミックスベジタブルのカレーもいいけどさ。


屋号の読みは「ガネーシャ」ではなく、「ガネッシュ」。


by snowy_goodthings | 2017-03-01 13:00 | 昼飯記 港区界隈

Le Pain Quotidien

たまには外でヒルメシ食べようと思い、芝公園の Le Pain Quotidien に行ったら、
ハンサムなお兄さんに英語表記のメニューを出された。

場所柄、お客さんの顔ぶれが万国旗だからか…と思ったのだが、
隣のテーブルのぱっと見てスオミ&アメリカンな服装の日本人さんカップルさん達は
日本語のメニューを見ていた。あれ?

何故だ… _| ̄|○

読めなくもないので、まぁ良いや。日本語でオーダーして美味しく頂きました。
e0076761_01361612.jpg
これ、100% BOTANICALだって。





by snowy_goodthings | 2016-09-27 13:00 | 昼飯記 港区界隈

CAFE LA VIDA [移転]

一昨日観た映画に感化されて、キューバ風サンドイッチ。 (^o^)
e0076761_21320485.jpg
なんと、マイアミまで行かなくても、アメリカまで行かなくても、
勤務先のすぐそば:浜松町で食べられました。

こちらは、お店はキューバ料理店。
あれ、
映画では Cuban Sandwich はキューバからの移民が持ち込んだ料理で
マイアミが発祥だと言っていたけれど、同じ作り方がキューバにもあるのだろうか。
真相未確認。


注文してから作るので、パンの両面が焼けるまでお時間かかります。
ぜんぜん繊細ではない、ぎっちり挿んだ食材がそのまんまな味。

仕事の合間に良い感じ。がっつり旨かったです。




by snowy_goodthings | 2015-03-02 13:30 | 昼飯記 港区界隈

おかえり、台湾麺線

台湾麺線 さんが郵政福祉琴平ビルでの営業を終了するというウワサを聞いた頃、
Twitterだったか、ネットの何処かで
事情を知らないと思しきヒトの「東京の飲食店は流行り廃りが速くて続かない」とか宣う
"ご高説"を見かけて、
無知の当て推量は残酷な罪だと知ったのでした。

お店を愛するお客さんが損益分岐点をクリアするだけいても、ある日突然
閉じてしまうことがあるのが飲食店経営のあれこれ。
身近に、ご近所に、そんな話を散々聴いている。
そんなんだから、オーナーさんの顔が見えるくらいの規模の食べ物屋さんは
応援したくなります。これ、ヘンな人情。


…で、愛されるお店は必ず復活する。
身近に、ご近所に、そんな話も散々聴いている。

勤務先の近くに移転して営業再開されました。嬉しいっ。
e0076761_20525998.jpg

お姉さんと「よかったねー」と悦びあいながら、頂きました。(^o^)

良い事です。
by snowy_goodthings | 2014-11-07 13:00 | 昼飯記 港区界隈

あら焼鶏白湯カシムラ

お弁当かわのさん繋がりで、地味にオープンを楽しみにしていました。
(^o^)

浜松町1丁目交差点近く横断歩道橋そば、イタリア街がわで今週開店。
e0076761_22581932.jpg

お店の名前そのまんま、お魚のあら骨を蒸して焼いたお出汁と鶏の白湯の拉麺。

魚の粗汁というより、チャーシューと海苔と玉子と中華麺が入ったブイヤベース。
まったりとpoissonの香り。
e0076761_2365330.jpg

粗の顔ぶれは築地市場での仕入れ次第(まさか、かわのさんの魚弁当しだい?)で変わるそう。
e0076761_2341673.jpg

一期一汁。
今日は銀だら、銀ひらす、真鯛、目鯛、かんぱち、インドマグロ。

語弊があるのだけれど、なんだか
お魚・鶏さんの命を始末しきって平らげた気分。しみじみ、ありがたく頂きました。


*


お店の営業時間については、開店したばかりですし、よくわかりません。
繁忙時間を避けてお店に問い合わせるか、
複数の情報サイトで確認して当たりを付けるのがよろしいかと。
投稿サイトの情報は時として間違えているから。
どうか上手な情報収集を。

by snowy_goodthings | 2014-06-06 13:00 | 昼飯記 港区界隈


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る

*

カテゴリ

Read ME
家食記
中食記
買物記
外食記 横浜
外食記 川崎
外食記 神奈川
外食記 東京
外食記 旅先
昼飯記 港区界隈
散歩記 横浜
散歩記 川崎
散歩記 東京
散歩記 神奈川
駆動記
旅行記
稽古記
庭風景
冠婚葬祭年中行事記
銀塩は招くよ
鑑賞記
e.t.c.

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ