キッチン・イチニョ

GWの前半、西よりチズルさん来る。
GWの後半、我々が京都遠征する時にはお仕事の都合でお会いできない事が決まっていたから、
この展開は嬉しい。昨年終わり、ステージにいる姿を観た以来。

横浜駅前で待ち合わせて、オットも一緒に夕食。
奥横浜在住者らしいご接待をするべく、一如さんのビストロへ。
e0076761_23152269.jpg
此処は、お野菜多め。
e0076761_23154641.jpg
皿の中で同居する肉とか魚は同席の方々に委ねて、オレは自分が食べたいものを食らうのです。
e0076761_23155137.jpg
チズルさん突然の来訪目的は、さいたま市大宮盆栽美術館だったそう。
BONSAI?

知らなかった。
さいたま市北区には「盆栽町」なる町があって、大宮盆栽村なる場所がある。
かつて東京の千駄木の辺りには江戸大名屋敷の庭を造る植木職人達が住まい、
明治に時代が変わってからは盆栽職人がそこで誕生したのだが、関東大震災に被災。
多くの職人が盆栽に適した土壌を持つ埼玉へ移住して、現在に至るのだとか。


チズルさんが今日見聞した街や盆栽や籠や菓子の事とか、
プロフェッショナルとアマチュアとの垣根が無くなりつつある音楽産業の事とか、
たいへんニッチな杖道稽古の事とか、
お互い自分が暮らす街の事とか、あれやこれや。
そんな内容のお喋りをしながら、食べたり呑んだり。

チズルさんの生業である音楽と我々がまったく食うことができない武道とは
ぜんぜん違う世界であるのだけれど、
各々ほぼ同じ言い回しの言葉で語ることができてしまう。
芸能人・武芸者、どっちも己の"芸"で成り立つおこないであるからかな。

(^▽^)

そんなチズルさんは、モリッシー先生と同い歳。
チズルさんはモリッシー聴きでは全然ないのだけれど、
私のまとまらないモリッシー見聞話に付き合ってくれる数少ない友人知人の1人であり、
音楽の"表現者"らしい感受性を以って話を聞いてくれる数少ない大人の1人である。

いちいち「うんうん」と頷きながら聞いたり話したりできちゃう手応えを、
「共感」とか「気づき」と言えば簡単。
腹に心にエネルギー充填。そういう表現のほうが合っているかも。

毎年、新緑の季節に京都で集うのが恒例でしたが、今年は横浜で達せられたという僥倖。
良い感じなGWの始まりでした。

by snowy_goodthings | 2017-04-28 23:00 | 外食記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る