handmade cafe USAGIUMA

毎日が St Patrick's Day の Chicago Dyes River Green みたいな帷子川。
e0076761_20083037.jpg
初めて伺いました。工房政さんに包丁研ぎをお願いした。
此方、お店に足を運んで、
ご主人とお話しをして双方が合意ができたら研いでもらうというシステムのお店であった。
e0076761_20175403.jpg
此処の存在をブログで教えてくれた、sasaking 君。
ご主人が「よろしく」言っていました。
今は畳屋さん真裏のさつき荘でお仕事されているって。 ←読んでくれるかな?

我らが在所の職人さんは大事にしよう。呈示された代金があまりにもお安くて、
オットが「工数に対して横浜市の最低賃金(時給)よりも少ないのはおかしい。」と
本気で申しておりました。オレもそう思う。
"コストパフォーマンス"という言葉は、"安いこと"の言い換えではない。
価値に似合った価格を払いたい。

急がないので、受け取りは来週の土曜。
真剣じゃないですから、
型打ちの包丁は消耗品であると割り切っているけれど、道具は修理不能になるまで使い切りたい。
ざくざく切れるようになってくれたら嬉しい。楽しみです。さぁ、どうなるだろう。


おや、橘樹神社でフリーマーケットをやっている。初めて遭遇した。
e0076761_20344345.jpg
刀の鍔を売っているおじさんがいた。こういう場所をこまめにチェックしたら、
鎖鎌の鎖(鉄線を丸くしただけでなく、継ぎ目なく鋳造した環を繋いだもの)とか掘り出せるかな?

此処で、たいへん久しぶりに町内会長さんに出会った。
お客さんとして来られているのかと思ったら、アンティーク市を開かれていた。

奧横浜住まいは15年ちょっとになるのだが、
いまだ "地元" について知らないことばかりであります。


此処の存在も知らなかった。
シルクロード天王町商店街から路地に入った一軒家さん、USAGIUMA
e0076761_20500789.jpg
やたらめったら可愛らしい室内空間が詰まっている。
e0076761_20504876.jpg
ちょっと歩いてきたから、コーヒー一服。
酸味は控えめ、苦味まろやか。もろ、我が好みでありました。
e0076761_20531595.jpg
ご近所ですから、ちょくちょく来たいです。

天王町の商店街にはこのほか通りを挟んだ向こうには poro珈琲 and bar があるし、
昔ながらの純喫茶も何軒かある。
保土ケ谷駅の北、この界隈はちょっとしたコーヒーの街となっているっぽい。

一軒ずつ巡っていくかね。



by snowy_goodthings | 2017-03-25 14:30 | 外食記 横浜


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る