"We all got problems and that's good too"

Peter Murphy 叔父(親戚ではない、そう呼んでいるだけ)の1998年楽曲 'Surrendered'

  Everybody's born surrendered
  Everybody from the same place
  He picked you out of the mud
  Everybody's born surrendered
  ...

一昨日、仕事中にふっと聴き直したら聴き流せなくなった。
愚かにも、以来ずっと繰り返し聴いている。ぬかるみに嵌ってしまった。


very tranquil fan-made music video
There is No Intention to Infringe Copyright.

1998年の遠い異国における憂いは2017年の今日、目の前近くまで迫っている。

このヒトの「善き事」に惚れ込んで、やや微熱ぎみな勢いで共感を示そうとする姿勢について、
あんまり強い意志や固い信念を感じない。
フワフワとした、理想と現実と折り合いを付けるバランス感覚がちょっと鈍い無邪気さだけがある。
そう言ったら、ご本人に怒られるかな?
でも、それって悪いことじゃないと思う。
このヒトは、護るべき原理や柵(しがらみ)の足枷から離れた、
自由でしなやかな強さを持っている。私には、彼はそういう人間であると見える。










そんな Peter 叔父は、今年7月なんと還暦を迎える。
メヒコに行けない腹癒せでシスコに行こうか、すごい迷っている。←Morrisseyなら即決するのに…
e0076761_20331441.jpg

*


4/27追記:
上記"A UNIQUE CARIEER SPANNING RESIDENCY" は P氏病臥のため半年延期。
最後の2日間の "VERY SPECIAL SHOW TBA" は
"Mr. Moonlight"(BAUHAUS)になるそう。そう締め括るのですか。
  これらのチケットは予定通り今週末発売だって。



(T_T)

声帯は叔父貴だけが持つ、個性的な"楽器"です。
同じ歌を唄えるヒトはいるかもしれないが、彼の代理人にはならない。
似た声・仕草で唄えるヒトはいるかもしれないが、そんな継承者なんていらない。
歌うヒトは皆、そうだ。それぞれが唯一の存在。


他の器官はお元気そうだから…回復を待つのみ。


*


9/21追記:
叔父貴、元気。
陰陽を行ったり来たり、逞しい。


来年2月に延期になったチケットはちゃんと持っている。
  あれ、どれが何月何日になったんだ?
しかしながら、私はいま来年1~2月の予定がまったく判らなくなっている。
何故、モリッシーが歌う場所に「行きたい」と思った時のように、都合の良い巡り合せにならないのだろう…
こちらの気が足りないのか、縁が無いのか。

さらには、"モリッシー費"への予算計上が予定以上に嵩み、お財布の中が乏しくなってきている。
(^_^; だめじゃん。
だからって、まだ諦める気は全然ないんだけれど。

叔父ちゃんが元気になって、私は猛烈に嬉しい。私も元気になった。私も頑張る。



by snowy_goodthings | 2017-03-16 13:24 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る