渡辺源四郎商店「海峡の7姉妹」

e0076761_22445477.jpg
※写真は翌々週、青森で撮ったものです…ご当地、青森で観たかった!


建物や乗り物を"かぶりもの"で擬人化するお芝居といったら、
舞台版「Thunderbird F.A.B. + Space Panorama」)とか、
ギンギラ太陽'Sのお芝居全部とか…いずれも観ると、
舞台と客席とがものすごく近くなって、
猛烈な共感と驚喜で気持ちが高まった熱でうなされそうになる。

渡辺源四郎商店さんのそれは、
平熱のままなんだけれど、他人事ではないような、だからって
安易な同情では推し量れないような、
遠ざかっていく懐かしい日々をハラハラと見守るしかないって、
切なさがじんじんと沁みてくる。


青函連絡船がある時代を知っていたけれど、
北海道と横浜とを行き来した実家の引越ではコンテナ移送でお世話になった筈
なのだけれど、私自身は乗ったことがありません。
こんなチャーミングな船たちが頑張っていたんだったら、
乗ってみたかったなんて、安易に言っちゃいかんのだけれど、言いたくなる。
津軽衆のオットは乗ったことがあるそうだが、
物語られた数々のエピソードは初めて知った事も多かったらしい。

思い出は歴史になって、語り継がれていく事で新しい記憶になる。
語るヒトがいる限り、忘れられる事はない。素敵だ。


by snowy_goodthings | 2015-05-06 15:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る