ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して / Jimmy P

アルノー・デプレシャン監督作品でなかったら、日本公開は無かったかも?
いずれにせよ、観られて良かった。
e0076761_19390175.jpg
(C)Why Not Productions-France 2 Cinema-Orange Studio

臨床精神分析医のジョルジュ・ドゥヴルーの「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」が下敷き。
1948年、アメリカモンタナ州の軍病院。
心因性と思われる不調に見舞われた帰還兵である先住民ブラックフット族のジミーと、
治療者として招聘されたハンガリー系ユダヤ人でフランス国籍のジョルジュとが、
精神分析的な対話を通じて、それぞれの心の闇に光を灯していくお話。

出身国とか国籍とか民族とか、そういった人間を定義するレッテルをべりべりと剥がして、
うねうねと語られぬ暗い葛藤を経て、良い結末に至る。

ジョルジュ・ドゥヴルーとは何者かを知らないと、ちょっと解りづらい場面もあると思う。
心理学専修者の自分は心踊りながら眺めていたけれど、付き合わされたオットはどうだっただろう?
(^_^;

by snowy_goodthings | 2015-04-29 19:25 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る