Noel Gallagher's High Flying Birds

くれぐれも誤解されたくないのだが…政治思想の観点ではなくって、
いずれの主義に縛られない「礼法」という理解で印象的だったのは、
日本国旗が掲げられた会場に入る際、
お客さん達の誰ひとりとして入口で一礼せず、どぉーっと自分の席に向かって行っていた事。

入退場の際、脱帽のうえ一礼していた自分は、かなり異端。
(^_^;
だって、此処は日本武道館ですから。
私にとって、此処は"世界最大のライブハウス"ではない。んー…"本社"みたいな存在。
そんでもって、京都武徳殿は"Vaticanae"かな。

なぁーんて、今は書いているけれどさ。
自分も、2004年にデヴィッド・ボウイの The Reality Tour を此処で観た時は
そんな礼法を知りませんでした。

無知・無学とは、時として無礼・非礼となる。その意図の有無に関わらず。

要は、そのようにネガティブに捉えられかねない現象に対して、
どのくらいの受容性で応えるか。
人間としての器というか度量というか器量を、どのくらいに広げるのか狭めるのか。
自分は…器というよりザルかも。かなり、緩い。

まぁ、腹ん中では違う事を考えていたりもするが。くーっ!


それはさておき、
大合唱したり、沸き立ったり、楽しかったです。
日本で見聞する機会があるなら、ちょっとでも興味があるなら、
ツンデレ迷っていないで体験しようと思って来たのだけれど、来て良かった。

ぜんぜん真面目な聴き手でない自分の頭にも「あぁ、これは」と沁みてくるんだから。
このヒトの歌は、凄まじい浸透力。

1 Do The Damage
2 (Stranded On) The Wrong Beach
3 Everybody's On The Run
4 Fade Away
5 In The Heat Of The Moment
6 Lock All The Doors
7 Riverman
8 The Death Of You And Me
9 You Know We Can't Go Back
10 Champagne Supernova
11 Ballad Of The Mighty
12 Dream On
13 The Dying Of The Light
14 The Mexican
15 AKA... Broken Arrow
16 Digsy's Dinner
17 Don't Look Back In Anger
Enc.1 If I Had A Gun
Enc2. AKA... What A Life!
Enc3. The Masterplan


…と、いかにも傍観者っぽい乾いた感想しか出てこないんだけれど、
今まではそういう接し方しかしていなかったからか。これからどうなるかな。


by snowy_goodthings | 2015-04-15 21:10 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る