99分,世界美味めぐり / Foodies: The Culinary Jetset

食欲は7つの罪源でしたっけ…
e0076761_23271377.jpg
(C)B REEL.

登場する5人の"美食"ブロガーは、生い立ちも食に対する自分の存在意義の捉え方もさまざま。
個性として理解できるヒトもいたし、強い思想を感じるヒトもいたし、
己にクリエイティビティを持たない人間の承認欲求だろうって思っちゃったヒトもいたし、
無邪気な傲慢さが憎めないヒトもいたし、印象はいろいろ。

主役の5人が世界じゅうを旅して食らう姿も凄いんだけれど、
それぞれの土地で料理を作り提供することを生業としている
シェフや職人や女将の短い言葉がキラキラしていて、たいへん印象的。
後者の存在があっての前者。
飲食業はお客様があって成り立つ商売であるが、作り手がいなければ商売は始まらない。
故に、「お客様は神様」ではない。

自分も、自分の欲求を充たすために旅に出ることがたまにあるけれど、
そんな時、
"旅する自分" が主役なのではなくって、
自分の五感を通して見聞する "旅先の事物" こそが主役だ。


で、真の主人公である、現代の美食家達に食らわれる料理の数々は、
美味しそうに見えるモノもあれば、食材を愚弄しているんじゃないかってゲテモノもあった。

主役の1人がミシュランの三ツ星店をすべて制覇した後、
ムンバイのどこか海辺の小汚い屋台に辿り着く有様に「ざまあみろ」と思っちゃった。
(映画本編では写っていないが、ジ・オベロイか何処かの高級店にも行ったらしい)


美味しいものを食べて、
口福で幸福になりたいんだって言えば簡単だろうに。
大人の世界はややっこしい。


by snowy_goodthings | 2016-02-28 13:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る