ヘルシンキ、雨

今日はもう、午後まで雨は止まないものと思われる。
e0076761_22144981.jpg
マリメッコやイッタラのアウトレットに行くとか、アラビアの閉鎖した工場に行くとか…
そういう選択肢があったと思うのだが、ひたすら街をぷらぷら歩き回る。

おぉ、可愛い建物。
e0076761_22234709.jpg
こういう無駄な過ごし方って、一人旅でないとできないな。
e0076761_22334666.jpg
3人の鍛冶屋 "The Three Smiths" ならぬ、2人の鍛冶屋レリーフ。
e0076761_22394787.jpg
そういや、ヘルシンキ中央駅すぐそばにある「3人の鍛冶屋」像は、なんども前を通り過ぎた筈なのに
写真をまったく撮っていない。見覚えがさっぱりない。

こんなに目立つビジュアルであるのに。

Kolmen sepän patsas / The Three Smiths
e0076761_11041989.jpg
There is No Intention to Infringe Copyright.

すぐ傍の百貨店や劇場は覚えているのに。
おそらく、労働者賛美(?)な男どもの裸体に、自分の視覚は唆られなかったんだと思う。
(^_^; あうあう
e0076761_22490976.jpg
雨が強くなってきたので、今度こそ観念してホテルへ戻る。
近くの Café Artisan でコーヒーを調達。
e0076761_22512734.jpg
大きい方の紙コップで頂戴って言ったら、"Good choice!" と言われた。
e0076761_22562433.jpg
「モリシーまでに雨やむかなー」天気予報が当たれば、やむよ。
e0076761_22570877.jpg
…はっ!ピンクちゃん、お前の右腕が無いじゃないかっ!
スーツケースの中身まで引っ掻き回して大捜索した結果、みつかった。
四肢が稼動する作りなのだが、右腕の軸がぽっきり折れていた。
(>_<) 日本に帰ったら、治してやるから、しばし我慢してくれ。

恐ろしいことにトラブルは連鎖する。
その後、部屋のトイレの水栓がじゃあじゃあと流れっぱなしで止まらなくなって
(溢れるのではなく、ただ流れ続ける)、
フロントに助けを求めて直しに来てもらったが、復旧せず。
オロオロとスーツケースに持ち物を突っ込んで、入りきらない荷物を小脇に抱えて、部屋替え。

同じシングルルームなのだが、
さっきまでいた通りに面した部屋のテレビはフィンランド国内の放送しか映らなかったのだが、
今度の中庭がわの部屋はBBCだのCNNだのNHKワールドだのが観られる。はて?
e0076761_23114976.jpg
久しぶりに日本のニュースを見ながら、
ふっと自分のブログのアクセスログなんぞ眺めてみたら、
イラクとかアフガニスタンとか、自分に縁故の無い地域からの接続が先月から複数回ある様子。
おそらく、
イスタンブール旅行かムンバイ旅行のログが検索で引っ掛かったんだろうと想像されるが、
何を目的に検索された結果か。驚いた、というより、恐ろしい。
猫の写真で和んでくれているなら良いのですが…そんなわけないよな。きっと。

アクセスログといえば、
"Morrissey" のタグを付けてなにか投稿すると、英語圏のある街から必ずリファレンスが
あるのだけれど、ベルゲン公演とスタヴァンゲル公演のログについても「見た」と思しき形跡があった。
どちらさまですか? (^_^;
ファンブログ検索では検知されないようにしているのに、どうやって見つけたんだろ?
画像検索では引っ掛かるっぽいので、それでか?
Google翻訳にかけると逆の意味になっちゃうような、
古臭い言い回しの日本語の作文は読みようがなかろう…申し訳ない。
まぁ、ご自由に。ご随意に。自律的に、お互い様です。←日本語で書いても詮無いかな


*


雨がやんだ。いざ。

「もりしー♪」
e0076761_21330967.jpg


by snowy_goodthings | 2016-08-13 17:00 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る