Morrissey Japan Tour 2016 まとめ

"UKロック界孤高のカリスマ、モリッシー4年半ぶりとなる待望の来日公演" でした。
e0076761_13090049.jpg
Morrissey が歌う場所でいると、しばしば見えたり感じられたりする "気" に圧倒される、
あの緊張と高揚との綯い交ぜがたまらない。あの場にいられたことの、達成感がたまらない。

今回、つくづく思い知りました。
Morrissey が歌う姿を観る・音楽を聴く…だけでは済まない。
見聞きした事を日常以上の集中力で覚えたり
(しかし言語能力が駄目なので、まともに解っていない)、
大事と思う所作を写真に撮ったり
(しかし撮影技術が駄目なので、まともに撮れていない)、
やっていることは、杖道の稽古とまったく一緒なのです。なんてこった。

自分にとって Morrissey という存在は、"鑑賞" というより "修行" に近い。
しかし、それって如何なる業(ごう)なのだ?自分のことながら、わけがわからない。
のたうちまわっている。
でも、だから、たまらない。楽しいのです。
  こんなんだから、自分は "モリッシーのファンです" とは名乗れない。
  たぶん、この態度は許してもらえていると思う。たぶん。


■July 27



■August 2



■September 5~27







■September 28

  Morrissey Japan Tour 2016 初日について
  私はモリッシーに対して
  「ありがとう」か「ごめんなさい」の語彙しかないっぽい。
  例によって自分の思い出話しか書いていないので、他人様の役には立ちません。
  (以下、同様)


■September 29


  1階席セキュリティのこと
  致し方ない現象です。dis' るつもりはありません。

  場内アナウンスのこと
  統制の統一の無さにについては、ちょっとだけ dis' らせてほしい。

  Morrissey Japan Tour 2016 第2夜について
  思い出すたび、いろんな印象に変わっちゃうから、もういいや。
  とりとめないメモのまま残しておく。故に、自分が書いたのに、自分でも読みづらい。


■September 30 ~ October 1



  どう書いても、恨み節にしかならない。
  この事は、オーチャードホール2~3階の空席の数×年数、覚えておこう。
  ↑寿命が尽きる


■October 2

  Morrissey Japan Tour 2016 千秋楽について
  日本においては "最後の日" だけれど、世界中を旅する "巡業のある1日" にも思ったり。
  終わりじゃない。のたうちまわる日々はまだまだ続く。今はしばし、ごきげんよう。



  オーチャードホール公演後、オットはモリッシーに優しい。


■December 12

  終了!
  でも、これが「最後」じゃなくってね。


*


いつもの通り、
撮り散らかした写真は Flickr にストレージしてある。

見る・見ないはご随意にどうぞ。
中途半端な写真好きだから綺麗に撮れていますが、
これらは素人の"いち聴衆"の手による記憶に過ぎない。


既に何枚かの写真が、いつのまにかノンクレジットで電子の荒波へ飛んでいっている。
知らないヒトの Twitter とか Facebook とか Instagram とか Tumblr とか etc. で
自分が撮った覚えのある写真がぺろっと貼られているのに遭遇して、驚いた。

"素敵"と思って、気に入って、勝手に持っていったというなら、それはなによりです。
どうもありがとう、どうぞくたばれ。

Copyright を主張しているけれど、
キャプチャーによる拡散は致し方無い現象です。
ただ、ひとつだけどうかお願いします。
どうか、被写体様の肖像権と表現をいちばん大事にしてください。

  醜い写真は無いつもりなのだが、
  やっぱり私が撮る Morrissey は、私が思う Morrissey であって、
  Morrissey そのヒトではない。だから、
  いつか殺されるんじゃないかと、脅えている。←大袈裟


あの日、あの場所にいた人の数だけ、キラキラでドロドロな美しい物語がある筈。
あの日、あの場所にいなかった人も、そうかもしれない。
いずれにせよ、私は私、貴女は貴女、貴方は貴方。私は、自分自身を動かすことしかできない。

ここに書き残している事柄は私の物語である。
貴女や貴方の物語は、私の物語とは異なる。貴女のもの、貴方のもの。

最近ちょい SNS から距離を置いていたけれど、
この機会に検索とかして、
いろんな方々の記憶の断片を拝見していました。通りすがりみたいな感じに。
一方的に、「ありがとうございます」と、感動の意思を此処に書いておく。すごい世界。


please kindly note*
© 2016 Yukiko Nakagawa / Original images are stored in Flickr
These photographs of "Morrissey" are just memories taken by NON-professional
photographer audience, me.
Most importantly, Mr. Morrissey’s right of portrait has precedence over my copyright.
(But I know I can NEVER photograph him perfectly)
Thank you & So sorry.


by snowy_goodthings | 2016-10-03 11:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る