日没前後

旧市街がわに戻ってきた。
e0076761_00240432.jpg
黒いヒジャブは、この街では浮き上がって見えてしまう。
そんな姿のずいぶんと若い女性の物乞いがいたけれど、彼女は何処から来たんだろう。

シルケジ駅の前、
昨日会った呼び込みのお兄さんがいたので「今夜もう1回セマーを観たい」と言ったら、
「他に予定は無いの?」と笑われた。
セマーを観るためにイスタンブールにストップオーバーしているんだから、これしか予定がないんです。
「これ僕の日本人の友人」とかなんとか、
ドバイに住んでいるという日本人女性とのスナップ写真とか見せびらかされながら、
本日のチケット購入。整理番号は昨日よりも後ろ。月曜日だからって空いているわけではないらしい。
e0076761_00300935.jpg
あぁ、日が暮れていく。
e0076761_00314977.jpg
で、今夜もシルケジ駅で旋回舞踊鑑賞。
今夜は正面向かって右側の角に近い席で、写真とか撮らず、まるで見取り稽古。
e0076761_00380131.jpg
2回目だからって飽きる暇もなく、あっという間に終わった。もし明日があるなら、もう1回観たって良いぞ。
e0076761_00384508.jpg
しかし今夜が最後だ。
e0076761_00445626.jpg
確か今日は月曜だと思うんだが、週末のような賑わい。
e0076761_00470732.jpg
まるで毎日が花の金曜日。←違う
e0076761_00500953.jpg
ただ無目的に歩いても、それがなまら楽しい街でした。
e0076761_00513676.jpg
猫の街と思ってきたけれど、犬の街でもあった。
e0076761_00521008.jpg
うさちゃん、明日には帰国だよ。
e0076761_00530582.jpg
ブカレスト、スコピエに続き3回目の荷造りは、やっぱり時間がかかった。
買い物はそんなにしたつもりはなかったのだが、ワインとかCDとかレコードとか瓶詰めとか、けっこう重い。
大丈夫か?


by snowy_goodthings | 2015-10-19 23:00 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る