Biserica Stavropoleos

旧市街の真ん中にある、これぞ"ルーマニアらしい"姿の
スタヴロポレオス教会。
e0076761_00593766.jpg
ブルンコヴェネスク様式の建物…といっても、その由来をよく知らない。
e0076761_01030547.jpg
ワラキア地方(ルーマニア南西部、ブルガリアとの国境寄り)にある
世界遺産のホレズ修道院も
この様式による建造物。17世紀末〜18世紀初めにワラキアを治めた領主
Constantin Brâncoveanu 公の名前に因むらしい。
  ブルンコヴェアヌは最期、息子達と共にオスマン帝国に捕らえられて
  コンスタンティノープルで処刑されている。
  後で知ったけれど、ブカレスト市内にこの人の銅像があるそう。
e0076761_00594705.jpg
入り口前で立っていた男性が、
ルーマニア語で「いらっしゃい」みたいなことを言ってくれるのですが、
いや、もう外観だけで結構です。なんだか、申し訳ない気分になってくる。
中のイコンはドア越しにちらと眺めるだけで。
e0076761_01023069.jpg
変な喩えだけれど、
子供には"美味しさ"がわかりにくい高級なお菓子が詰まった化粧箱のようだ。
開けちゃったら、自分ではどうしたら良いのかわからなくなりそう。
e0076761_01162094.jpg
ですから、
窓からこそっと覗くので、じゅうぶんです。ありがたや。
e0076761_01175891.jpg
2方向をビルに囲まれているんだけれど、
蔦の葉が良い感じに茂っているから、景観に違和感があまりない。
e0076761_01044796.jpg
結界めいたものを感じてしまう。
そっち方面はからきしなんですが、1人で異国を旅行中の身だからか、
そういう気分になるのです。
e0076761_01062111.jpg
観光名所であるので、
団体旅行客・個人旅行客がひっきりなしに来訪している様子。
日が暮れた後も、
お散歩ガイドツアーの団体さんが通りから写真をぱしゃぱしゃ撮っていた。

地元の野良犬ちゃんのお散歩コースでもあるらしい。
e0076761_01245359.jpg

by snowy_goodthings | 2015-10-13 17:30 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る