Biserica Crețulescu

革命広場の西側、国立美術館・Sala Palatuluiの南隣にある
ルーマニア正教会の教会、クレツレスク教会。
e0076761_20192731.jpg
脇にある胸像は、
国民農民党(共産主義体制下は非合法だった政党)創設者のCorneliu Coposu。
国民的英雄らしいのだが、日本語で読める範囲でそのキャリアをとらえた限り、
支持と弾圧と歓迎と挫折、没後の賞賛…と、まったく平坦ではない。

e0076761_20194140.jpg
教会が建造されたのは、18世紀前半。
共産主義体制下も解体を免れ存続。戦争にも震災にも革命にも耐えた。
e0076761_20211451.jpg

外から眺めていると、街の人達が建物の前を通り過ぎる時に
さっと十字を切っていく。
e0076761_20070393.jpg
例によって、
"立ち入る必然性を伴う用件が無い限り、異教施設に入るのは怖い"発作
なんだけれどさ
e0076761_20082075.jpg
だがしかし、ポーチの「神の裁き」を描いたフレスコ画が素晴らしく、ここで
引き返したら自分は「悪」に切り分けられちゃうのも嫌だ…と、良い子ぶって
入ってしまう。
(現役の宗教施設である故、建物内は撮影禁止)
e0076761_20064874.jpg
信者さんのお祈りを邪魔しないように
そそっと天井画を拝見したのだけれど、見事でした。
「悪」でなくても
"Saint Peter won't call my name"な異教徒の私にだって、
何が描かれているかは解る。
e0076761_20084636.jpg
ほんのちょっとだけお布施。そして日本人の作法で赦して、
一礼して辞去。


by snowy_goodthings | 2015-10-13 13:00 | 旅行記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る