M is for Motivation

モリッシー先生のおかげで、もとい、
モリッシー先生のコンサート鑑賞という目的を得ることで旅に行けます。
e0076761_00154934.jpg
英国6都市を巡るアリーナツアーのうち、
3月という日本においては年度末繁忙期に休暇を取って行ける期間ぎりぎりで
1公演だけ。

6都市の中でいちばん街歩きが愉しそうだと思ったのがグラスゴーで、
6会場の中でいちばん建物の構造が素敵だと思ったのがThe SSE HYDROだったのです。
中止とか延期とか何が起こるかわからないのが先生のツアーらしいから、
中止とか延期とかになっても、自分なりに無駄足を面白がれる土地に行こうと思った次第。

さんざん迷ったけれど、「行きたい」という衝動には従おう。
後で「行きたかった」なんて、言い訳がましい恨み節で自分を甘やかすことを
したくない。思い切るなら潔く無理しよう。


で、ガタイが良いファンの方々と一緒にステージ前で
モッシュする勇気はない自分が選んだチケットは、ステージ近くのスタンド席前寄り。

アリーナの大空間いっぱいに膨らむ、"Morrissey"という現象を呆然と傍観できるかな。


*


入国審査とか街中の移動とか滞在中のあれこれとか、
スコットランド英語は津軽弁のように訛っている印象だけれど、大丈夫だろうか。
なんとかなるかな。



by snowy_goodthings | 2015-02-03 18:05 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る