マッハ!無限大 / ต้มยำกุ้ง 2 (Tom Yum Goong 2)

1月は観たい映画が沢山あったのに、
地区講習会のあと寝込む日が多くてあれもこれも観損ねた。
なによりも衝撃だったのは、ロバさんの映画があっという間に上映終了していたこと。

あんまりだ。あんまりだ。


…と、
恨み節をぶつぶつこぼしながら、久しぶりにトニー・ジャーさん映画。

「マッハ!弐」と「マッハ!参」は公開されたことに気付かず、これらも観損ねている。
「トム・ヤム・クン!」以来です。
いっとき出家されたとか還俗されたとか、俳優活動ではない話題ばかりをちらちらと
聞いていたけれど、待てば果報あり。


邦題は「マッハ!」だけれど、お話は「トム・ヤム・クン!」の続編。
前作を観たのは2006年春だったか。
ありゃ、観た記憶があるのにログが残っていない。まだ記録を残していない頃だったっぽい。

虚飾ナシ、生身のアクションが"売り"のトニーさん映画ですが、
今回はワイヤー吊りも早回しもCGも使って"なんでもアリ"だそう。それも
嫌味が無い塩梅の加工という印象。
e0076761_22590110.jpg
(C)SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO.,LTD.

端正な構図によく動く視点。
アクション映画なんだけれど「綺麗」という印象が最初に出てくる。

さんざん殴っても蹴っても全然くたばらない長い長い格闘は、
技前が無駄無く鋭すぎて映画らしく仰々しい派手さがあんまり無いので、
観ているうちに疲れてくる。スゴい事をし過ぎなんだよ…ウソっぽさが無さ過ぎ。 (^_^;


もう1人、久しぶりにお姿拝見できて嬉しいジージャー・ヤーニン。台詞はめっさ少なめ、
とにかく蹴る、跳ぶ、殴る。ついでに刺す。
e0076761_22590720.jpg
(C)SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO.,LTD.


でもって、
人間達の粉骨砕身な闘いの締めくくりを象さんがあっさりとさらっていく。
出来過ぎな展開だけれど、大団円。

愉しかった。



by snowy_goodthings | 2015-02-21 23:40 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る