納会および忘年会でした

今年の神奈川県剣道連盟杖道部会の納会は、横須賀市追浜にある北体育館で開催。
陽当たりが良い立地かつ温水プール併設の体育館なので、
真冬の講習会ながら基本の単独動作を12往復すると汗かくほどに温かい。そんな場所。
e0076761_13415040.jpg

開会式はじめに、10月に開催された
第41回全日本杖道大会において神奈川県から参加し入賞した選手へのお祝い授与。
今年の入賞は、三段の部で優秀賞、六段の部で第1位。
e0076761_13522030.jpg

↑相模原のKさんがシャッター押してくださって、珍しく自分が写っています (^o^)
 六段相方氏は病欠のため、不在

ふと思ったのだけれど、全日本剣道連盟が主催する9大会のうち
杖道大会のみ、トーナメントのてっぺんは"優勝・準優勝"ではなく"1位・2位"と呼ばれる。
仕打2人1組で競うから、団体戦という意味での定義でしょうか。どうだろ。
その辺りの真相は未確認だけれど、そうだとしたら腑に落ちてくる。

全剣連杖道制定型という"競技"について真っ正面から挑もうとすると、
自分ひとり勝手に頑張っても、盛り上がっても、取り組んでいる気になっても、
全然足りない。
ひたすら真っ直ぐに極めるプロフェッショナルは当然として、それに加えてやるべきは
あれこれチームで試行錯誤を繰り返すプロジェクト。
これだと、適切な表現じゃないかな。まぁいいや。
自分が良いと思う事をがむしゃらにやれば良いと思っていた頃とは、
ちょっとだけ考え方が変わっている。そういう過程にあるということで。 (^_^;

今年やった事に、来年は何をどう積み上げてゆこうか。


したっけ、開会式はそれだけでは終わらない。
今年の敬老の日に全日本剣道連盟がされた
「90歳となる剣道・居合道・杖道高段位(七段以上)の方々をお祝い」。
全国に94人いらっしゃる該当の先生のうちおひとりが山本先生である…ということで、
神奈川県剣道連盟杖道部会からもお祝い贈呈。
e0076761_14341125.jpg

山本先生は現在92歳。
凄まじい事に、初めてお会いした時からまーったく印象が変わらない。


午前中は、無段〜六段に分かれて講習会。

私がいた六段の部はこんな感じ。
e0076761_14403999.jpg

林先生が1人ずつにダメ出しするというきめ細やかさ。
これで改善されなかったら、今の段位は返上だろうってくらいに端的な指摘ばかり。

うひゃあ。
さっき考え始めたばかりの、次にやるべき稽古のお題はもう揃った。


13時から演武会。
e0076761_14461218.jpg

無段〜六段までそれぞれ仕杖を審査。
無段と初段については、六段受講者7人全員が審査。
e0076761_14465782.jpg

私も審査員デビューしました。先生に「写真撮りながら審査する?」と言われましたが、
正面背後の先輩が「審査態度を見ます」と言うから、さすがにそれはできず。
自分の制定型に対する視座を問われた気分になります。
審査用紙は自分でも解読不能なメモだらけ。一緒に審査したお仲間と意見交換をせねばな。
e0076761_1454986.jpg

演武会後は、八段・七段の先生による演武。
e0076761_1525028.jpg

今年の演武は全剣連杖道とか神道夢想流杖術とか併伝技とかラインナップ豊富。
e0076761_153291.jpg

e0076761_153598.jpg

e0076761_1553260.jpg

ついでに演武機会を頂いて、
オットと一心流鎖鎌術をやったのだけれど、ぜーんぜん鎖が太刀に絡まない。
できる日は面白いくらいに掛かるのに。
しかし、失敗をすれば先生・先輩たちが寄ってたかって、あれこれアドバイスをしてくださる。
これは、上手であれ下手であれ、やったヒトだけに与えられる役得というもの。
(^o^) 習ったなら、実践あるのみ。


そして、各段位の演武優秀者には表彰。
無段〜五段以下には、表彰者のうち数人ずつ、
来年開催される「第16回剣道世界選手権大会」のTシャツを副賞として授与。
自分、賞状を頂けましたが、
Tシャツは六段に授与なーし、ざんねーん。
e0076761_15103540.jpg

事務局からの講評は「型の動きを覚えたら、動きの意味について理解を」。


その後、忘年会。
追浜駅前の商店街の裏道、「うれしたのし屋」で"制限時間2時間"勝負のお座敷宴会。
e0076761_15163999.jpg

いわゆる悪立地であっても繁盛していることで横浜・横須賀の食い道楽には知られた、
三浦半島拠点の地産地消居酒屋チェーンさん。
裏横浜にある支店の「○う商店」はいつか行こうと思っていたのだが、
来年2月に我が在所の奥横浜にも支店ができるらしい。「〇う商店yellow」ってまさか
クリーニングのミックさんのビルか?!←ローカル感まるだし反応

居酒屋の時間制限サービスはぜんぜん好かないのですが、
お料理が本当に美味しかったし、お兄さん達の客あしらいが嫌味じゃなかったし。
e0076761_1525361.jpg

罪悪感を感じるほどに、めいっぱい食べた。口福。

猛烈な勢いで食べて呑んで、良い感じに仕上がる杖使いの猛者御一行様。

おつかれさまでした。


*


例によって写真は Flickr (←Click!)にあります。
どなたでもご覧になれる公開写真については
全部に「Copyright」表示を付けて「無断転載・2次使用不可」の旨、主張しています。
 *実際に撮った写真はもっと多い。
 *FlickrのFriendsさんは、オリジナルデータのままでどうぞ。

公式記録は県連杖道部会サイトをご覧ください。



http://kanagawa-jodo.main.jp/



by snowy_goodthings | 2014-12-20 19:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る