渡辺源四郎商店+青森中央高校演劇部「さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~」

2年振りになべげんお芝居鑑賞。
東京公演の日程が杖道行事と重なっていたり、巡り合わせが良くなかったのです。
やっと。
したっけ、最後に観たのは「翔べ!原子力ロボむつ」でした。
そして、今夜も「ロボむつ」。

7月にふと観た虚構の劇団のお芝居で
三上陽永さんが「秋に渡辺源四郎商店の新作公演に出演する」と仰っていたのを聞いて、
すんごい愉しみにしていたのです。
あちこちでつまみ食いのように観ていた、あちこちの舞台世界が環になって繋がる。


豊島区には、大劇場から小劇場まで様々なサイズのハコがあるけれど、
初めて来ました、にしすがも創造舎。
廃校になった中学校を活用してのアーティスト支援施。
e0076761_1624537.jpg

建物は2016年には再び学校としての機能に戻るそうですが、活動はどうなるのかな。
e0076761_1630862.jpg

青森中央高校演劇部
「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら」
が2本立て上演だったのだけれど、オットが発熱中につき観るのは断念。
でも、観る機会はまだありそうだから、その時を待とう。


そんでもって、「ロボむつ」。聴こえてくる津軽弁訛りがさらに濃くなって
(津軽衆のオットが「わからない」という箇所あり)、
青森が舞台の物語を東京で観るという、
ちょいザワッと居心地が悪いというか座りが悪いような落ち着かなさが増えた感じ。

絶望と呼ぶしかないモノゴトに対し、
闇雲に怒りの拳を振り上げないし、遠巻きに無力な正論を打たないし、
だからって逃げることもしない。
立ち尽くして対峙する…いや違う、まっただ中に突っ込んで行く。
そして、
奇跡は起きないし解決はしないし、まったく終わらない。ただただ、そのまま。
主人公は、何もできないのだけれど、挫ける風には見えない。

だからかな。
なべげんさんのお芝居は、いつも観ていて哀しくない。むしろ勇気が湧いてくる。
たとえそれが悲劇でも。


久しぶりだったから、
いつもよりちょっと観終わってからの高揚感が高め。
行けて良かった。

来年は
東京で待つばっかじゃなくて、青森にも観に行きたい。
by snowy_goodthings | 2014-11-29 21:20 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る