フランク / FRANK

何処かの映画館でチラシを見かけた時、異形なアタマが記憶に擦り込まれた。
どんな話でも良いから、とりあえず観たかったんだ。
e0076761_17363031.jpg

ウェールズからアイルランド、そしてアメリカへ。

フランクの姿だけを見ていると、
出会いと合宿と旅の果てに彼自身が在るべき世界に到る
ふんわりとハッピーエンディングな道のりの物語。
e0076761_17332585.jpg
(C) EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

あるいは、
才能を持ったオトコと才能を持てなかったオトコ達数人が、
出会いと合宿と旅の果てに彼ら自身がいるべき世界に到る
当たり柔らかいほろ苦く残酷な道のりの物語。

…どちらでもいいや。
観ていて、何故だかしみじみとしてしまう。


作品解説いわく、

  『FRANK‐フランク‐』は、
  イギリスの人気コメディアンだったクリス・シーヴィー扮するキャラクター、
  フランク・サイドボトムや、ダニエル・ジョンストン、キャプテン・ビーフハートなどの
  アウトサイダー・ミュージシャンをモデルに構想を練ったフィクションである。


…ということなのですが、3人の誰も私は存じ上げません。
e0076761_17570852.jpg
この機会にちょっと観てみようか。聴いてみようか。



by snowy_goodthings | 2014-10-17 23:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る