第49回全日本居合道大会

朝4時すぎ起床。
金曜夜の延長で賑わう横浜駅西口を通り抜け、座れないくらい混んでいる東海道線始発に乗って、
ディズニーランドへ向かう女性客の群れに逆らって東北新幹線に乗換え、来たぜ福島。
e0076761_1730159.jpg

第49回全日本居合道大会、於:福島県 県営あづま総合体育館。
e0076761_17332921.jpg

きっかけは、水月会の先輩が七段の部で選手出場されることだったんだけれど、
会場入ってすぐのところでばったり出会ったT女史先輩に
「今年はついに居合を始めたから、良いものを観に来た、ということね」と
面白がられた。

そうでした。自分の稽古のためにもせねばならぬのです。 (^_^; だって、
ここには、47都道府県で五段・六段・七段を代表する先生方が集うのです。
e0076761_1739319.jpg

"東日本大震災復興支援"と銘打たれた大会。

福島県より来賓の方々が口にする「震災からの復興」「風評被害」という言葉は、
各メディアの報道、SNSのコメントで見聞きするよりも、生々しく真っ直ぐ響いてくる。
e0076761_17541595.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。

その福島県が大会主管。お揃いの蛍光キミドリ色ジャンパーの方々による
大会運営・進行のプロフェッショナルさが見事でした。
e0076761_17585232.jpg

全日本剣道連盟主催の大会について
全日本杖道大会しか知らなかった我が感覚は、コペルニクス的回転をする。
e0076761_1842293.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。


e0076761_18104997.jpg

観覧席からの撮影ポジションは、
試合場の選手を前方から眺められる北海道または沖縄県の選手控え席。
杖道で馴染みの方々がいる北海道の席に、「このヒト、北海道出身だから」と入れて頂きました。
役得。 (^_^)

都道府県を代表する先生方どうしの試合は、所作の精度・技の練度とかの比較なんか飛び越えて、
思想とか思いの機微を推し量るような感じ。
e0076761_18101040.jpg

なんだかね。いろいろと考えさせられるのです。

いまだ「良い」「悪い」の目利きは解っていませんが、
これから習う立場として、やるべきことを思い知る機会となりました。
e0076761_18174011.jpg

稽古しょ。



大会全体の公式記録は、
全日本剣道連盟 サイト「大会情報」(←Click)をご覧ください。



自分が撮った写真は、
Flickr (←Click)にあります。
□神奈川県代表:五段/六段/七段
□杖道で面識ある友人知人
□観覧席の目の前、五段の部で「素敵」と思った方おふたり
□決勝戦ちょっとだけ:五段/六段/七段
…と、えらい偏った撮り方しかしていないので、ほとんどまったくpublicにはしていません。
悪しからず。

*稽古つながり or お顔とお名前が一致しているFlickrのFriendsさんには、
 見て頂ける設定していますので、オリジナルデータでどうぞ。



by snowy_goodthings | 2014-10-25 15:11 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る