ママはレスリング・クイーン / LES REINES DU RING

フランス人によるフランスで撮影されたフランス映画だけれど、
WWEプロレスとか、ワンダーガールとか、「キル・ビル」や「大草原の小さな家」の真似とか、
懐かしいサマンサ・フォックスの歌とか、
アメリカっぽい事物が浸透した日常風景がおフランスらしからぬコメディ。

いや。
まったくの素人だったスーパーレジ店員がトレーニングを初めてたった3ヶ月で
メキシコのルチャドーラと興行に挑むって、あり得ない無茶苦茶な夢物語感は、
おフランスっぽいのかもしれない。

でも。
メキシコのルチャリブレには神父やパン屋や主婦の副業でやっている選手もいるそうだから、
フランスでレジ係の副業は決して荒唐無稽ではないのか。
だが、しかし。

…そんなぐるぐる巡る無粋なツッコミはするだけ無駄。


他作品での印象ではとてもプロレスなんてできなかろうって華奢な女優さん達が、
お芝居とはいえ、大暴れする様がすさまじい。そして愉しそう。
e0076761_22174683.jpg

(C)KARE PRODUCTIONS - LA PETITE REINE - M6 FILMS - ORANGE STUDIO - CN2 PRODUCTION

プロレス好きの息子に振り向いてもらいたい、ムショ帰りで更正中のママ。
彼女に誘われor巻き込まれてチームに加わる女性達も、それぞれに自分を変える
きっかけを求めていた。中年期のおばちゃんの自分探しは、滑稽だが真摯に必死だ。

物語の最後、派手な演出で始まり大盛り上がりする試合は、
そこに到るまでの登場人物達の葛藤をすべて吹っ飛ばして泣き笑いのカタルシス。
e0076761_22175048.jpg

(C)KARE PRODUCTIONS - LA PETITE REINE - M6 FILMS - ORANGE STUDIO - CN2 PRODUCTION

明日からは、昨日までと少しだけ変わった日常がやって来る。そんなことを期待させて、
ほんのり良い気持ちになる。


WWEが、アメリカ含むグローバルなリメイク権を獲得しているそうです。
さもありなん。


by snowy_goodthings | 2014-08-05 21:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る