ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street

情け容赦無くF***ingアメリカンな映画。
さすが、Fワード数最多記録を樹立した作品。(^_^;

ぜんぜん頭脳労働でない株式仲買人とか、すっぽんぽんな娼婦の群れとか、
顔が濃いFBI捜査員とかスイス銀行員とか、デヴォン青木のパパとか、
さりげなくスパイク・ジョーンズとか、etc.
沢山人物が登場するのだけれど、みーんな添え物。

お話を動かすのは、ぜーんぶディカプリオさんの一人芝居。役者っぷりが見事。
e0076761_17572612.jpg

(C)ParamountPictures

しかし、途中で観ているのがツラくなってくる。3時間の長尺のせいだけじゃないと思う。

アメリカさんの国民性だか、性だかなんだかを赤裸々に剥き出しにする格好悪さは、
先に観た「American Hustle」と同じ。ただ、ハッスルさん達には惨めになる寸前で
正気になる狡猾さがあったけれど、こちらの主人公の堕ちっぷりは半端無く不愉快極まりない。

そういうロクデナシさんの伝記だから、狙った通りの反応を自分はしているんだけど。
(^_^;
by snowy_goodthings | 2014-02-15 20:40 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る