Sonic Mania 2013

7月終わりにまたしても倒れて、ぶつぶつと説教された挙句に「療養せよ」と
ドクターストップを喰らう。
オットから「次に倒れたら死ぬかもしれないから、辞めなさい」と言われていたとか、
会社以外で接する人間のほぼ全員から揃って「辞めたほうが良い」と言われていたとかは
予め上司にも伝えていたので、3度目の正直で退職願は(たぶん)あっさりと承認された。

まぁ…自分の期待(2013年末までは保ちたかった)よりも早かったけれど、
ここ2〜3週間ほど(いや、4月以降ずっと)危なっかしい体調を
騙し騙しの稼働だったから、この成り行きは致し方なし。予感と予兆はあったのだし。

   こうなった経緯については、自分の気性を棚に上げて
   打つか斬るか絞めるかしたい相手がいるけれど、もういいです。はい。


で、なんだかんだ愉しくやりかけていた仕事をぜーんぶ放り投げて、
Sick Leaveとなった時にふと思い出した。


そうだ。そうだった。
Sonic ManiaでPet Shop Boysを観たくて聴きたくて、チケットを買っていたのだ。
e0076761_19495183.jpg

この体調で行ける訳がないじゃないかと諦めかけていたら、看護士のファン仲間さんが
「なにかあったら対応できるから、行きましょう」と言ってくださった。なんと。
このご縁に感謝。

昇天するんじゃないかと思うほど、愉しく・シンドイ数時間。覚悟はしていた通り。
e0076761_20283920.jpg

ともあれ、幸せだった。

初めて遭った生身のPet Shop Boysは素敵なおじさん達。
体温低い英国紳士だと思っていたけれど、誤解だった。あんなに熱いオッサンだったとは。
Neilは"乙女系男子"というより…武藤敬司さんのように頼もしい。←意味不明
Chrisはやっぱり"ツンデレ男子"だったかな…時々ふっと緩む表情に惚れそう。←意味不明

日曜のSummer Sonicよりも短いセットリストだったそうですが、
マッシュアップがあるから1シークェンスで2〜3曲ぶん堪能できる。
約30年のキャリアがぎゅっと詰まった、どれも一緒に歌える大好きな楽曲ばかり。

Axis
One More Chance / Face Like That
Opportunities
Fugitive / Integral
The Rite of Spring
I Wouldn't Normally
Suburbia
I'm Not Scared
Fluorescent
I Get Excited / Rent
Miracles
It's a Sin
Domino Dancing
Go West
Always On My Mind
West End Girls
Vocal

ビジュアルな演出やチャーミングなダンサー達も素敵。心が躍りまくる約1時間。

その後、脱水症状で大変だったけれど、それで悔やむ気はさらさら無い。
行って死ぬほど大変な思いしたからって、なんだ。行かなかったら、
死ぬほど後悔したと思うから。
あぁ、今の自分は、ちゃんと息しているし、ちゃんと生きている。


Hさん、お会いした皆様。ありがとうございます。(^_^)/
人生最悪の気鬱と身体を引き摺ってでも行くことができたのは、皆様のおかげです。
行って良かった。

またいつか、ご一緒してくださいね。
by snowy_goodthings | 2013-08-10 01:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る