Thinking around JODO as Media Practice

…という訳で、
早稲田大学文化構想学部 現代人間論系 2013年度春期開講、「メディア・プラクティス論」
第11週に、ゲスト講師で参加しました。


早稲田大学キャンパスすぐ隣で前泊。
学生時代は見上げていた大隈講堂を見下ろすなんて、オレは大人になりました。
e0076761_0472089.jpg

来るたびに知らない校舎が増えている。
かつて文学部、今は文化構想学部がある戸山キャンパスもなにやら工事中。
e0076761_0521767.jpg

でも今日の授業は本部キャンパス17号館地下、空手道場。
e0076761_0593746.jpg

17号館は、大学2年の時にお隣の合気道場に体育(志々田先生の合気道)で通った頃のまま。
そうだ、その時受けた授業で「神道夢想流杖術」の存在を知ったのだ。
約20年を経て、ここへ杖を振りに戻って来る事になるとは、不思議な巡り合わせ。


講義内容は、中村理恵子さんブログの通り。
e0076761_11134347.jpg

自分が見せて話したことは、メディアアートの視点から杖道を解釈するという主旨に
嵌りきらなかったと思います。
すまぬ。自分はビジネスパーソンで武道稽古者だから。
でも、そういう噛み合わないところも含めた全部から、各々の感性に触れる部分をよしなに
抜き出してもらえたら嬉しい。

自分としては、見せる事・語る事から、自分のほうも学んだ事・知った事がいくつか。
その過程が、ただただ単純に愉しかったです。

ありがとうございました。またいつか。
by snowy_goodthings | 2013-06-25 12:10 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る