第109回全日本剣道演武大会

…を見学しに、京都へ。

本当は、1日から前乗りして、関西Flickrの皆様と1年振りに遊んでから
挑むつもりだったんです。
でもって、3日午前中までは滞在して、杖道八段審査会も見学するつもりだったんです。
e0076761_11535173.jpg

しかし、仕事が終わらない。違う。
正確には、オレの理解と立ち回りが間に合っていない。何故だ?
1人で負いきれないから、巻き込めるヒトは巻き込んで、無茶でも振るモノは振っているが、
それでもチマチマとした段取り作業は手元に残る。そこも含めて振りたいのに。

適当にやるしかしょうがないけれど、適当にやったら後の災禍が怖いから。それは困る。

気付いた分だけ、気になる性分のせいか。いや、違う。
良く言えば、他人のせいにしたくない。悪く言えば、相手を信じていない。何故だ?
また閉じてきている自分を自覚しているが、どうすればよいか考える時間が惜しい。

色々と悶々とした心持ちで、親しい連中と会うのは嫌だった。
だもんで、1日はキャンセルしました。仲間達、ごめんなさい。
それと、最近放置しがちなオットをさらに放置するのは後ろめたかった。
だもんで、3日もキャンセルしました。先輩達、頑張って。

誰からも自分に「やれ」と要求されてはいないが、
やる奴がいないのなら、後で「どうなっている?」と請求されるのは自分なのだ。
残念ながら、周囲のそういう事態への配慮は後手に回るものだし、
自分もそういう事態への耐性が強くない。そしたら、自分でやるしかないじゃない?

だから、大嫌いな言い訳:「仕事のため」を繰り出すしかない。すごくイヤな感じ。

こんな心理状態が続くと、パニック障害とかになるんだろうな。それも困るんだけれど。



でも、2日だけは行きたい。いち稽古者として、行くべき。
だから行くのだ。行ったのだ。


勤務先について変な夢を見ちゃってあんまり眠れず、ほぼ完徹。
ふらふら眠い眼をこすりながら、新横浜駅から始発2本目の新幹線に乗車。
がらがらのグリーン車で隣の席まで斜めになりながら仮眠。
京都駅からタクシーの運転手さんに業界の苦労話を伺いながら、京都武徳殿へ。

開会式の最中に着。
e0076761_11433192.jpg

立合の範士先生の「拝見」の声に、観ているこちらまで気が整う。
すべての迷いが、この瞬間に吹っ飛ぶ。
e0076761_12222838.jpg

平日開催だからか、各種型、薙刀、杖道は、演武者数は昨年よりもさらに少なめな印象。
平日早朝だからか、観客席も少なめな印象。
e0076761_11571066.jpg

でも、いつもの先生達・先輩達はいつも通りにいらっしゃる。
e0076761_11572473.jpg

「選手控え席からの撮影はご遠慮ください」とか規制が増えたけれど、
この場でパパラッチに杖使いの先生方を撮るのは、自分にとって年中行事のお約束。
e0076761_1202555.jpg

同県・他県の先生達と「今年も撮りに来たね」とか、「撮ってくれた?」とか、
愉しくご挨拶させて頂きました。ありがたい事です。
e0076761_1156593.jpg

撮りながらいつも思う。稽古しないと。稽古したいです。
e0076761_126452.jpg

そして思う。もうちょっと頑張って、この床を演武者として踏みたいです。
もうちょっとかかるけれど。
e0076761_11475394.jpg

相変わらず出来は悪いがいつもより枚数多めな写真は Flickr(←Click!)にあります。
武徳殿での演武写真は他都道府県の先生の写真も含め、
誰でも閲覧可能なPublicにしてあるので良ければ見てやってください。
※当然ながら、神奈川の先生・先輩が被写体の中心。
※「●○先生の写真ありますか?」という問合せにはお答えしませんので悪しからず。
e0076761_1210434.jpg

この後、観光客が多めな祇園で先輩達とお昼ご飯と酒を頂いて、
e0076761_14223053.jpg

そこで出たお汁がなまら旨かったので、仕入れ先のお店を伺って白味噌を購入。
e0076761_14203468.jpg

新幹線で昼寝をしながら勤務先へ。
そう、今日は有給休暇を取ったんだけれど、18時に出社。出鱈目な。

毎年4〜5月は稽古と仕事のポートフォリオに悩む時期だけれど、
今年の悩みは特に深い。

踏ん張ろう。
e0076761_14211265.jpg

by snowy_goodthings | 2013-05-02 12:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る