秋季錬成会・偲ぶ会でした

水月会では
毎年9月の恒例、秋の稽古会。今年は、南足柄で土〜日曜の2日間開催。
e0076761_2038428.jpg

1日目は、制定型12本を3本ずつ解説を受けながら、ひたすら反復。

師匠が亡くなってから1年と1日なので、
稽古後はお食事処の座敷でぎゅーぎゅー集って「偲ぶ会」。
e0076761_2048303.jpg

払った会費以上のスペックのご馳走でした。いただきました。
e0076761_21151835.jpg

カメラマン先輩作DVDによる、師匠鑑賞会。
20年位前の県大会や、7年位前の日本武道館でのライブ(もとい、演武)で盛り上がる。
e0076761_216145.jpg

…その後、3次会までぐだぐだ宴は続いたのでした。さすが酔月会。


2日目は、"引落し打ち・逆手打ち"班と"繰付・繰放・体当"班とに分かれて、ひたすら反復。
あとは自由稽古。
e0076761_21245689.jpg

先輩先生達にあっちこっち突っ込まれた。来週までに全部修正できるんだろうか。


働かざる者食うべからずではありますが、
「仕事で行けません」のたった一言で、もっと師匠から教わる事ができた筈の時間を
散々ぶっ潰した挙げ句、永遠に取り返せなくなった事は悔やみきれない。
…と、1年前に反省したにも関わらず、
エリートではない自分は今だ仕事に生活時間を追いやられているのであります。
(^_^;

夏目漱石先生も仰っています、
「義務の附着しておらない権力というものが世の中にあろうはずがないのです。」と。
上手になりたいとかもっと知りたいとかって言うなら、稽古するのが弟子の勤め。
あるいは、役割、義理、責任、etc。
与えてもらえる機会は精一杯掴みに行かないと、ヤバイだろう。

今の自分に必要なのは、その時だけの「頑張ります」よりも
ずっと先まで「続けていきます」という意思と行動であることは合点承知。

ぃえーい。


*


師匠こと
矢野庄一郎先生が遺してくださった水月会のホームページは↓こちら。



http://www.suigetsukai.com/



今年6月にリニューアルしてゆっくりと稼働再開中です。
by snowy_goodthings | 2012-09-23 16:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る