渡辺源四郎商店「翔べ!原子力ロボむつ」

前夜のライブ、アンコールで
♪Come, Come, Come, Nuclear Bomb...と、
"Everyday Is Like Sunday"唱和の渦に巻かれて自分もやけっぱちに歌ってしまった。
この曲が最初にリリースされた冷戦終結時期に聴いていたら絶対に拒絶したと思うが、
2012年の今は大丈夫。
綴られた字義そのままの詩じゃないって感じ方ができるから。ためらいを感じながらだけれど。ねぇ。

そして今夜は下北沢で
かつて日本にあった原子力船とか、原子力施設がある内地北辺の村とか、
それと明日にも最後の1基が停止する全国の原子力発電所を巡るあれこれを想起せずには
いられないタイトルのお芝居。"核を巡る人情喜劇"だって。

東日本大震災・福島第一原発事故から1年経った今だからこそ、
正常を志向する思考力となんらか意味を創造したがる想像力とで、
東日本の一部:関東地方のいち当事者として向き合えるだろうって期待と覚悟を整えて
いざ鑑賞。
e0076761_1193889.jpg

久しぶりに観たなべげんさんは、優しいけれど、甘くはなかった。

懐かしいSF映画やロボットアニメのモチーフや青森県名産品ネタに愉しく笑いながら、
「正しい」vs「間違っている」なんて簡単に言っちゃいけない在りのままの現実にドォーンと
正面衝突した気分。(×_×)

いつか人類の歴史に終わりが来てさらにその後、10万年後の正義は
どうあるべきかなんて、とんでもない宿題を渡されてしまった。
とんでもないお芝居。

でもさ、世の中を動かそうなんてだいそれた熱情はなくても、自分なりの答えを
出してみようって気分になる。
だって、まさに今、自分が生きている世界が始めた事なんだから。ねぇ。

by snowy_goodthings | 2012-05-04 21:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る