さよなら「ZED」ほぼ日スペシャルデー

始まりがあるなら、終わりもあるもの。
世界でいちばんでっかいサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユの
日本で唯一のレジデントショー「ZED」は今年いっぱいで公演が終了するそう。
ショービジネスは"ショー"と"ビジネス"どっちも成り立っての事だから。

…なぁーんて、物解りの良さはさておき。
いつか観に行きたいたいと思っていたので、さぁ、どうしたものかと慌てたら、
時々眺めてはホッとしているほぼ日刊イトイ新聞さんが
「みんなで一緒に『ZED』を観て拍手を贈りましょう。」
なんて特別公演をされるんだって。ちょうど発売開始時間に遭遇。
袖振り合うも、拍手するも、盛り上がるも、なにかの縁。

チケット買って、行って来たよ。

フェルトバッグとかやさしいタオルとか、赤い鼻とか、"おみやげ"を頂いた。(^●^)
e0076761_026254.jpg

見上げて、驚いて、笑って、感激して、
2011年はいろんな事があったんだーっと、うわぁーっと思って
泣きそうになったり。いや、泣かないけどさ。
感情が動くのは生きている証拠。生きているなら、存分に感じたり考えたりしないと。

2011年はまだあと20日間あるから。
今日迄しんどい事のほうが記憶に生々しいし、それらの事はぜったいに忘れないけれど、
最後はぜったいに笑って終わってやろうではないか。


そんな超絶的な元気が充填された、みっちみちな約2時間。
キャストの皆さま、スタッフの皆さま、ほぼ日乗組員の皆さま、前後左右のノリが良い知らないヒト達、
ありがとーう、ありがとーう、ありがとーう。
e0076761_0263249.jpg

明日からと言わない、今から頑張るー。何をどうだか知らないけど、頑張るー。
by snowy_goodthings | 2011-12-11 18:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る