カーズ2 / Cars 2

新生「007」シリーズ(Bond21以降:ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドの)は
Qやギミックが出てこなーい!…と、嘆いているヒト向き。ま、アニメーションがイヤでなければ。
e0076761_0515740.jpg

(C)Disney/Pixar


前作「カーズ」は未見なので、登場人物の背景はよーわからんですが、
それ抜きにしても面白かったです。
クルマ達が主人公だから、物語の展開もシークエンスも、速いこと、速いこと。
小気味良い事この上ない。

どっかの新聞だったかサイトだったかで、
ピクサー・アニメーションスタジオ25周年記念作品&ジョン・ラセター監督作品なのに
アメリカでの映画批評家の反応は「普通の作品」だって書かれていたのを見かけたが、
そりゃそうだ。単純にアニメーション映画として「楽しい映画であること」を狙った結果
じゃないのですか。いや、制作者たちに聞いてみないとわからないですけれど。

映画の表現はいろいろ。
アニメーションって、森羅万象を戯画化・抽象化する世界だから、
濃厚なドラマで泣かせるのでも、軽妙なドラマで笑わせるのでも、なんでもできるでしょ。
簡単なのも難解なのも、重いのも軽いのも、どうとでもできるでしょ。
「トイ・ストーリー3」は名作なんだろうが、もう1回観るのはちょいシンドイ
お別れのお話だったし。「カーズ2」は名作じゃないかもしれないが、
気軽にもう1回観られそうなお話だったし。
んじゃ、26年目の次はどんなんが出てくるかってわからない。可能性はいろいろ。

…次回作は、ピクサーさん初の女性主人公だから、おそらく新境地。
うまい具合に乗せられた気がする。(^_^;

ともあれ、映画を観る立場としては、自分なりでもなんでも、
作品から最大限"良いな"と思える価値を見つけ出して享受したいよなって思った次第。
文句なしに楽しかったよ。


あと、楽しいばっかじゃなく。
悪役ご一行様のことを日本語字幕では"故障"の駄洒落で「コショー(胡椒)一味」と
表記されていたけれど、英語台詞は「lemon」って言っていたので、なにかの慣用句か?
…と、よう意味が解らなかったのだが、
帰宅して検索したらアテにならないウィキペディアであっさり判明。
レモン="ジャンク中古車""欠陥品"って俗語があって、
「レモン市場」と日本語でも"レモン"のまま経済用語なっている位だったのね。(^_^;
勉強になりました、ハイ。
#字幕上映館が少なすぎるっ!
by snowy_goodthings | 2011-08-01 23:15 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る