スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 / Scott Pilgrim vs. the World

なぁーんも考えずにヘラヘラ笑える、
バカバカしい設定とマンガ的映像表現だらけの、かなり変だがまっすぐなラブストーリー。

任天堂の「ゼルダの伝説」とか、「Dance Dance Revolution」みたいなアーケードゲームとか、
MTVとか、バンドとか、
実写・アニメ・国内外問わずいろんなジャンルの映画とか、
シチュエーションコメディとか、FOXあたりのドラマとか、
日本のマンガとか、アメリカンコミックとか、
なんやかんや、
膨大な元ネタ探りを真面目にやろうとしたら、とんでもない事になりそう。
e0076761_065118.jpg

(C)UniversalStudios

ぱっと見、愉しげな映像だけれど
"バトル画面"での決着のつき方や、会話の端々に現れる毒っ気は、
ハリウッド製の映画だったら規制・修正されるであろうほどアカラサマ。
この辺り、
ほとんどのシーンをイギリス・カナダで撮ったっていう「キック・アス」を観た時と
似た印象。
突き抜け過ぎ具合にあざとい狙いや衒いがないので、憎めないのも「キック・アス」同様。
無責任スレスレな勝手気ままな作りこみだが、責められねーや。

映画って、いろんな役割があるじゃないですか。
これはただただ娯楽作品。お話がどうとか、登場人物がどうとか突っ込むのもバカバカしい。
笑い転げるのみ!


主人公がベース弾きってのも好感度高くってさ。
(^_^)♪
by snowy_goodthings | 2011-05-28 22:55 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る