塔の上のラプンツェル / Tangled

ディズニー・クラシックス、記念すべき50作目は、伝統の"プリンセス"のお話だが、
ややこしく捻って、男性が物語の語り手。
地元アメリカでは、男性観客の取り込みを意識したとかなんとか。
アニメーション映画を、エンターテイメントとしてもビジネスとしても成立(成功)するよう
作るのが上手な会社さんらしい。

で、アメリカでのタイトルは「Tangled」だけれど、
今日観た字幕3D版は、どどーんと「Rapunzel」って表示だった。海外の観客向けには、
原作であるグリム童話の「髪長姫」のほうが馴染みやすいという判断か。

しっかーし。
春休みだし、日本における観客のメインターゲットはお子様だからなんだろうが、
字幕3D上映館が少なすぎる!
脱"ゆとり"教育なんでしょ?小学校英語必修化なんでしょ?
e0076761_0524814.jpg

(C) Disney Enterprises, Inc.

ぐるーっと大きく動くアングルとか、
元気で賢いヒロインとか、問題ありつつも優しいヒーローとか、
見ためは悪いが情に厚い行きずりの人々とか、
ベタにポップな音楽とか、どれもこれも、えらい今様。

ジョン・ラセター氏がクリエイティブのトップになって久しいからかどうかは
わからないけれど、ディズニーらしい古典的お伽話であるのに、
甘くない展開はピクサー作品のような。これは、いちおう良い意味で。

ともあれ、ディズニー・クラシックスですから、全編ずっとおめでたい雰囲気。
主人公達の決断の正否を云々すると止め処は無いが、迷いの無さは夢の世界らしく清々しい。
出会って24時間も経たないうちに恋に落ちるし、気持ちが上がればいきなり歌い始める。
らぁ〜ららー♪
最初は控えめな印象の3Dは、ランタンがふわふわ空を舞うシーンでは奥行き&臨場感が素敵。

途中、いま観るにはしんどい場面もあるけれど、文句無しに幸せな気持ちで終わる。
すばらしい。
by snowy_goodthings | 2011-04-02 23:10 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る