BAUHAUS TASTE, BAUHAUS KITCHEN展

土曜の新橋駅周辺は、平日とはちょっと違う。
ニュー新橋ビルの前では、将棋大会の真っ最中。板も駒もでかっ。
e0076761_2058747.jpg

咳喘息を診てもらいに来たのだが、人気の病院のため受付後診察まで2時間位は待つ。
なので、待ち時間潰しを兼ねて
パナソニック電工汐留ミュージアムへ「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」を
観に行く。
e0076761_2141533.jpg

女子学生さん達の紹介や、
"女性を家事労働から解放する"というコンセプトで作られた、キッチンおよび周辺器具など、
バウハウスの作品について、"女性"視点で捉えている。

いちばんスゴイのは、
1/1サイズで再現された、初代校長グロピウスが設計した
オスカー・シュレンマー邸のキッチン。

調理/配膳/食器洗い…とスペースが分かれている構造は、
これら工程を"ながら"作業できるよう作られた最近のシステムキッチンとは
考え方が違っているんだろうな。でも、時代の差を感じるのはその程度。ぜんぜん古臭くない。
シンプルで美しいこと、美しいこと。
調理室の細かく仕切られた、薬簞笥のような引き出しはかなり欲しい。


パナソニック電工 汐留ミュージアムは、受付のおねーさん達が突っ立っているだけ
(こちらから声を掛けてお願いしないと反応しないタイプ)なのは気になったけれど、
自然光が差し込んで良い雰囲気のギャラリーだった。
また行こう。
by snowy_goodthings | 2010-11-06 14:00 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る