ウィリアム・エグルストン→稽古

e0076761_1550195.jpg

谷中SCAI THE BATHHOUSEへ、ウィリアム・エグルストン「21st Century」を観に行ったら
元お風呂屋さんの中はヒトがたくさん。
e0076761_15503269.jpg

先日原美術館で観たものと被っている作品もあったが、
ちょっと被写体より退いて撮られた写真が多めだからか、どこか違う印象。
写真って難しいのだけれど、面白い。


ご近所のカヤバ珈琲でかき氷を食べたかったのだが、
満席中、お店前で待っているヒトもいるので断念。
e0076761_1674919.jpg

同じ並びの谷中ボッサもいっぱい。
この界隈、お洒落な若人達のウロウロお散歩率が高かった。


まぁいいやっと、やっとこ
谷根千の認知地図が形成された(←今まで、駅〜目的地に行くのが精一杯)のを
感じながら、団子坂上のあめ細工吉原でお買い物。
e0076761_1634548.jpg

本当は可愛いウサギの「あめぴょん」をお持ち帰りしたかったが、
この後に稽古があるので断念。
撮影OKだそうなので、飴細工の実演がある日を狙って行ってみよっか。


往来堂書店に寄り道したら、
オットがD坂文庫を"ジャケ買い"ならぬ"帯買い"。
帯の乱歩先生を5人集めたら、手ぬぐいを貰えるらしい。グッと来る。

棚にぽんと置いてあった新潮社の冊子で、
トマス・ピンチョンの全集が2010年6月から刊行され始めた事を知って
物欲ぐらぐら。
がっつり読んでみたい作家の1人だけれど、読み切れるかな。うぬー
こちらの小さな本屋さんは、いつも来るたびに面白い本との出会いがあります。
ありがたい。(^_^)


で、夜は青山にある先輩の稽古場所にお邪魔し、稽古。
杖なり太刀なり、その用を成すように使えてなんぼなんだが、
なーんか格好良さげに振り回すのでいっぱいいっぱい。
"パフォーミングアート"としてならアリかもしれないが、師匠や先輩が
教えてくださっているのは"術"なのだから。物騒だけどさ。
e0076761_16263746.jpg

もちょっと、言われた通りにできるようになりたーい。



by snowy_goodthings | 2010-07-31 22:20 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る