稽古→ウィリアム・エグルストン→稽古

たいてい稽古がある日は、稽古(+反省会の酒盛り)で1日が終わっちゃう
のだけれど今日はちょい変わった展開に。

月に1回の稽古仲間との稽古会だったのだが、準備班ばたばたで場所取れず。
だもんで都内、勤務先近くのスポーツセンターの個人開放を利用。
実業団剣道部の方々の脇で、とりあえず動いてみるだけな稽古。
立っているだけで、汗が頭のてっぺんからボタボタとこぼれ落ちていく。
(+_+;
教えられた事を考え直す余裕がまったくなく、動くだけ。
できてなくてもやり通す事も稽古だけれど、お互い自分の手順を追うだけ
じゃーねぇー。仕方がない。

終わった後は、お約束で軽く1杯。
e0076761_160749.jpg

いや、2杯だったけ。
e0076761_1603781.jpg

ごちそうさまーっと、田町駅で解散。


相方さんとオットと3人になったとこで原美術館の
「ウィリアム・エグルストン 〜 パリ-京都」展へ。
e0076761_1635131.jpg

新聞でこの展示を知るまで、エグルストンの事はまったく知らず。
"New Colour"って、1970年代頃からカラー写真作品を撮り出した
写真家のはしりだそう。

広すぎず狭すぎずな画角に"面白い"と思ったものをぎゅぎゅっと詰め込んだ
ような写真ばかり。
「パリ」「京都」とも、そう言われなければパリ・京都だとはわからない。
写真から漂ってくるのは、ただただ、被写体への写真家の好奇心ばかりで、
被写体を客観的に識別・分類するようなラベル貼りは一切無し。
写されたモノがどうこうってのではなく、写しているヒトのセンスを感じる。

谷中のSCAI THE BATHHOUSEでも、エグルストン作品展示中だそう。
そちらは2000年以降の近作ばかりだって。3連休中に行ってみようっと。


WIRED CAFEでひと休み。
e0076761_1905587.jpg

一緒に付き合ってくれた相方さんと、
こういう稽古以外の事で遊ぶのって珍しいよねーっと話す。
(^_^;
地区講習会や大会で日本全国あちこち行くけれど、
講習・試合・打ち上げ宴会…と、ずっといつものメンツでいつもの
稽古会と同じ事しかしていないもんね。


で、夜は青山にある先輩の稽古場所にお邪魔し、再び稽古。
いくつかアドバイスを頂いて、修正。

教えて頂いた事を、正しくできるのがいちばん。
しかし、実際にできるようになるのは自分で気付かないと無理。
先輩達が八段に合格されて制定型1本目からやり直されている姿を見てるから、
「できた」って瞬間は稽古し続ける限り永遠に来ないんじゃないかと
思ってしまう。
(^_^;
ううう…どーせ下手くそなんだから、せめて格好良くやってみよー。
"位"は技の巧い下手とは別だから、下手でも"位"は出せって
習い始めの頃に先生が言ってたし。うん。


帰って観たいテレビがあったので、毎回のビール1杯反省会には参加せずに帰宅。
だがしかし、帰りの東海道線でどーしようもなく頭が痛くなる。
昼間のビールはとっくに抜けているからヘンだ。夏バテだろうか。
暑いのが苦手な自分には、今年の夏は試練になりそう。
でも、負けないぞー。



by snowy_goodthings | 2010-07-17 21:20 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る