アイガー北壁 / Nordwand

1936年、ナチス政権下のドイツが夏のベルリンオリンピック直前に
国家の優越性を喧伝するため利用したアルプス最後の難関、
アイガー北壁の初登攀。(登頂成功者には金メダルを授与される)
無謀といわれた登頂に挑んだ、
2人のドイツ人登山家:トニとアンディを巡る実話を基にした山岳映画。
e0076761_0261154.jpg

(C)Dor Film-West, MedienKontor Movie, Dor Film, Triluna Film, Bayerischer Rundfunk, ARD / Degeto, Schweizer Fernsehen, SRG SSR idee suisse, Majestic Filmproduktion, Lunaris Film- und Fernsehproduktion


現代史の常識として政治的背景は理解しつつも、登山趣味は無いので
アイガー北壁登頂の歴史について無知な状態で鑑賞。
主人公達にどんな運命が待っているのか、最後の最後まで目が離せなかった。

悲しいとか、泣けるとか、凄いとか、素晴らしいとか、
そういった情緒的感動の余地はいっさい無し。
ただただ、目の前で起こる事に圧倒されて胸が詰まる。


なんでそんな危険な場所を登るのかってのは理解できないけれど、
それが登山家の性・宿命なんだろうと感じる事はできる。

夏なのに吹雪や雪崩が襲う悪天候の中で登る彼らの姿を、
麓の瀟洒なホテルでご馳走食べながら望遠鏡で"見守る"新聞記者・見物客は、
まるで湾岸戦争のCNNテレビ中継。
1人だけ、お金持ちの紳士が「残酷だ、まるでローマ時代の剣闘士の闘い」と
的確な表現をしたり、時の政権を嫌悪する正論を述べるのだけれど、
傍観者の一員でしかないという無力さは変わらない。残酷にも。

お話の中で、「あの時こうしていたら」「あの時こうしなかったら」といった
分岐点が何度も出てくる。登山家達の選択はもちろん、命がけ。
傍観者と当事者の彼我を行ったり来たりする幼なじみで報道カメラマン見習いの
ヒロイン、ルイーゼも重い選択をいくつかしている。
彼らの選択は正しかったのか、間違っていたのか。痛々しくて判断できない。


アイガー北壁がナチス政権のメタファーで、
非ナチ党員と思われる元山岳猟兵のトニとアンディ、
一緒に登ったオーストリア人なのに突撃隊の2人は、
そのまま、あの時代・あの国々の人々に起きた事を象徴しているように
思えてくる。考え過ぎかな。

でも、映画の最後、ルイーゼがニューヨークにいて、
かの政権の主が毛嫌いした音楽=ジャズ・ミュージシャンのポートレイトを
撮影しているのは、静かな抵抗の主張のよう。


最近観た映画で、いちばん深い深い印象を受けた作品。
喜怒哀楽を堪能するのとはぜんぜん違うんだけれど、これも映画の力だよね、
きっと。



by snowy_goodthings | 2010-03-29 22:57 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る