モンスター VS. エイリアン / Monsters vs. Aliens

スーザンのお着替えは誰がしたんだろう?
…なんてツッコミは無粋か。 (^_^;
能天気な空想科学物語に、現実の鬱々・悶々なんて吹っ飛ぶ。
e0076761_133360.jpg

(C)DreamWorks Animation L.L.C


3D上映は7月いっぱいまでらしいので、
休日出勤の前:朝1回めの上映へ。

夏休みらしく、我が家の前列は、小学生のお子様御一行がズラッと
並んでいた。
でもでも、昔のSF・特撮映画やテレビを観た事があって、
イケイケな80年代を過ごしたオトナも楽しめると思う。


以下、特撮映画大好きなオットから元ネタ映画の入れ知恵。
念のため、メモ。 φ(._. ;

「妖怪巨大女/Attack of the 50 Foot Woman」
 1958年のアメリカ映画
「マックイーンの絶対の危機〜SF人喰いアメーバの恐怖/The Blob」
 1964年のアメリカ映画
「大アマゾンの半魚人/The Creature from the Black Lagoon」
 1954年のアメリカ映画
「蝿男の恐怖/The Fly」
 1958年のアメリカ映画
「モスラ」
 1961年の日本映画
「怪獣総進撃」
 1968年の日本映画

敵役のエイリアンは「マーズ・アタック」が下敷きになっているらしいけれど、
私の眼には「ウルトラセブン」のチブル星人に見えるし、
エイリアンロボットは横山えいじ氏のマンガみたいなフォルムだけど、
やってる事はこれまた「ウルトラセブン」のクレイジーゴンに見えるし。
童心に返る、還る。

その他、「E.T.」「未知との遭遇」「インディペンデンス・デイ」
「博士の異常な愛情」「地球が静止する日」
「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」「スター・ウォーズ」
…などなど。
観た事ある映画もない映画も色々連想させられる。
どっかで観たような"絵"だなー、と。

映画絡みだけでなく、執拗にロゴが写るYAMAHA DX-7とか、
流れる音楽とか出て来る事物が妙に80年代しているのが
妙にツボ。

日本語吹き替えに不満は全然無いのだけれど、
端々に過去の映画をなぞったような印象の台詞の改訳には
ちょい無理があったかも。英語版でも観てみたーい。



by snowy_goodthings | 2009-07-25 11:30 | 鑑賞記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る