羅府(Los Angeles)まとめ(書込み中)

やっぱり自分で自分を運んで、自分の五感で知らないとわからない。
動機づけがふわっと曖昧だった秋の遠足は、
いざ行ってみれば意味ありげな体験ばっかりにぶち当たる約5日間でした。

ただし、アメリカさんは我が身の丈に対して大きすぎる。
いくつか至らない事あり。
また行かないと…そうなんだ、いつのまにか「また行きたい」とか思っちゃっている。
次に行く時の"きっかけ"は、もうMorrisseyではないかもしれないし、またMorrisseyかもしれない。
今はわからない。いずれにせよ、また行くつもり。

木曜日の午後に出発して火曜日の午後に帰宅。
勤務先の業務は4営業日しか休まなかったにも関わらず、
2ヶ月前からいくつか並行する案件の進行を調整していたにも関わらず、
水曜日の朝ちょっと早めに出社したら、仕事が山積み過ぎて、
どれから手をつけたら良いのか判らない事態。
クライアントコントロールがぐだぐだ、あれやこれや重なりまくっている。
おいこら、納期の順番に対応しますってば。それって、声がでかい順じゃない。
しばし、馬車馬の如く働く日々になりそう。
もちろん、言うまでもなく稽古もします。閃きを得るような刺激を受けた瞬間が、旅先であったから。
なんと、武道稽古者としての野心が芽生えてしまった。

かくして、私の人生は自分勝手に強化されたのでありました。
いやはや、参ったぜ。

(^▽^)


そして、今週末17日には Morrissey の新譜 'Low In High School' がいよいよ発売される。
不思議な日本語が書かれたスリーヴとレーベルの黄色いLP盤は、果たしていつ我が家に届くのかしら?
少しだけ心配している。
MPORIUM.UKさんからは2回ほど輸送中紛失・在庫間違いに遭ったことがあるので、
ただ無事の到着を願うのみ。
あと忘れていた、
ハリウッドボウルのチケットにバンドルされている筈のLP盤は発送されたのだろうか?
US国内・国外とも送料は同じで大丈夫なのか心配している。


そんでもって、
仕事とか稽古とかをしながら、次は何処へモリッシー先生が歌うのを追いかけようか考えている。
そうなるのが当たり前の展開。
e0076761_08145657.jpg

唯その場にいる事を、どうか許してほしい。
私の反応速度はとても遅い。反射的な行動ならば人並みよりちょっとは速いかもしれないけれど、認識したり思考したりを伴う行動はすごく鈍い。
日本に帰ってきてから反芻するたび、じわじわ沁みてきている。
Thank you for everything, Mr. Morrissey.
Your songs and words roared around the world from Hollywood Hills.


そうだ、これは書いておかねば。
Hollywood Bowl でお会いした聴衆の方々、ご挨拶をありがとうございました。
現地集合の知人さん、いつも最前列にいる顔見知りさん、いきなり背後から声をかけた初対面さん、
マーチャンダイズでばったり偶然にも再会した行列仲間さん、
いつか何処かで再びお会いするんだろうな。

ついでに、
ショーの間はやかましく厳しかったけれど、ショーの前後には礼儀正しかったセキュリティの方々、お疲れ様でした。
2日間とも、「下がりなさい」「席に戻りなさい」と何度か体当たりを食らいましたが、
ショーが終わった後には「楽しんだ?」と優しく労われるのでした。
お互いに"役割"を果たした結果ですから、恨みっこなしです。
いつかまた遭遇することがあったら、どうかお手柔らかに…


*


旅行記・鑑賞記はいずれ書きます。
まぁ、いつか書き始めて、いつか書き上がるでしょう。うん。頑張れ、自分。


# by snowy_goodthings | 2017-11-14 17:30 | 旅行記

Nov. 11 (仮)

Morrissey, Hollywood Bowl in Los Angeles. November 11 2017

# by snowy_goodthings | 2017-11-11 23:15 | 鑑賞記

Nov. 10 (仮)

Morrissey, Hollywood Bowl in Los Angeles. November 10 2017

# by snowy_goodthings | 2017-11-10 23:15 | 鑑賞記

11月の標語

道場のカレンダー、今月の標語はこれ。もーう、たまらんです。
e0076761_23092765.jpg
じゃんじゃん、琴線に触れまくり。ごろごろ、腑に落ちまくり。ぶすぶす、心に刺さりまくり。


ところで、本日は新たに入会希望の見学者さんご来館。
まったく準備無し・ぶっつけ本番で、全剣連杖道の型12本を見てもらったら、気持ち良い反応が返ってきた。だから調子に乗って、ものすごい久しぶりに一心流鎖鎌術をやってみたら、面白いように絡み飛び当たる。
自分、最近ぜんぜん練習していなかったのに、すごく上手になったような気分になってしまう。
/(^_^;
己の体内でなにか醸成されたのだろうか?それが実力?

え、そんな簡単なものではないでしょう?


こんな調子で、この3連休はずっと稽古か仕事か、どっちかしかしなかった。
自分が好きな事・面白いと思う事について、存分に励む事ができている。良い事じゃないか。

あぁ、そうだ。
隙間時間には、太平洋の向こうでツアーが始まった Morrissey US tour 2017 の動向とか、
はるか西での UK tour チケット発売のお祭り騒ぎについて、電子の噂を伝聞したり。レコードを聴いたりもしたっけ。うん。
いずれの機会でも、
モリッシー先生ご自身が行きたい場所に行き、歌いたい歌を歌ってくれたら、それに勝ることはないと思います。
自分はそう思う。はい。こればっかりは、致し方無いというか、それ以上の希望を持ちようが無い。
Don't rain on M's parade... とか、能天気にお祈りするのみです。


ようするに、
単純に慌ただしく忙しいのだけれど、あんまりツライと感じていない。



# by snowy_goodthings | 2017-11-05 21:00 | 稽古記

Morrissey 45 RPM

'Spent the day in bed'
Morrissey 新譜からの最初のシングルが本日、無事にエゲレスのレコード屋さんから届いていた。
稽古から帰ってきたら、ポストに入っていた。
e0076761_22023452.jpg
UK Official Singles Chart(11月3日〜11月9日)初登場69位。
Vinyl Singles に限定すると、見事1位…という売上に貢献したというか参戦したということになるのかな。


フィジカル・配信・動画サイト・etc パッケージ形態の多様化、
特典・抽選券・デザインバリエーション・etc 販売方法の熱狂化、
「弾いてみた」のようなオーディエンスの表現者化、それからなんだっけ…えーっと、忘れた…
とにかく、あれやこれや、時代の流れみたいな背景によって、セールスチャートの上位に並ぶ楽曲が
必ずしも "みんなが聴く・歌う・語る" ヒット曲ではないのは日本の音楽産業においては
もはや当たり前の光景なんだけれど、あちらの国ではどうなんだろう?

2017年の上半期はそんな事をずっと考える仕事をしていたので(それが何であるかは内緒、モリッシーとは関係無い事)、
ちょっと落ち着かない気持ちにもなっている。何故だか?でも、良いんです。とにかく、聴きます。
聴きたいと願って、その通りに聴ける成り行きを慶んでいる。


*


B面の 'Judy is a punk' は"Recorded in Tokyo" ということは、
昨年の東京公演2日目アンコールの演奏。
e0076761_15494343.jpg
残念ながらトラックに音は残っていないけれど、
"愛してる"3連発の挨拶とか、聴衆のむちゃくちゃリズム正確な手拍子とか、
"Good-bye."の前に"I love you."って言っていたとか、
アウトロが終わった後を追いかけるような拍手とか…そんな事があった。其処に、自分はその場にいたんだよな。
最後の"I love you. Good-bye." だったと思うんだけれど、"Good-bye."しか聞こえない。いけ

# by snowy_goodthings | 2017-11-04 22:36 | 買物記

杖道五段以下審査会でした

原則、毎年「文化の日」は秋の五段以下審査会です。

海外からの受講生・受審者も多くいらっしゃって、顔ぶれは万国旗。かつ、年齢層も幅広い。剣道場はぎゅうぎゅう。
e0076761_09580258.jpg

午前中は無段〜五・六段に分かれて講習会。
私が参加した五・六段の班は、1本目の「着杖」から4本目の「斜面」まで。午前中いっぱい、
全剣連杖道さいしょの4つの型を1本ずつやっては、解説を聴き、注意を受けながら繰り返す。

稽古とは全然関係無いというか…いや、無くもないのかな。講習会の途中、
事務局から「お弁当を運ぶので五段・六段、10人ほどお手伝いをお願いします」と声をかけられたんだけれど、
それに応じて稽古を中断して道場を出たのは4人。6人ほど足りない。あれれ?
(^_^;
断っておくが、これをわざわざ書いているのは、動かなかった方々に責を問うという意図ではありません
単純に稽古の事に引き込んで、空間認識能力の程度が気になった。確か、六段が12人・五段が9人か11人(とにか奇数)だったから、ざっと半数がいなくなっていなければ「人手が足りていない?」と気付くだろうに。
気付かれない方が過半数だったっぽい。そこが引っ掛かったという話。
だってさ、その前後にさんざん間合を考える事を要求されていたじゃないですか。相対的な位置感覚。3次元の把握。

稽古・練習の結果、人並みよりも良く鍛えられる身体能力…って、他にもある筈だよな。それって、なんだろ?

いかん、何気ない事の全部が全部、稽古に結びつくように捉えてしまっている。
(^_^;
果たして、それって良い事なのか悪い事なのか。自分で自分に目標や理想を課している限りは、良いのかな。
自分の「良かれ」を他人に押し付けたり、他人を付き合わせようとかしたら、それはただの身勝手。
それはしたくないし、応じたくない。ご随意に。


*


受審者数が多いということで、12時45分から審査会。
e0076761_10291021.jpg
我らが玄武会からは、1名が二段を受審して合格しました。おめでとうございます。
e0076761_10301159.jpg
いつもより長めの講評と共にいったん閉会式。
そのあと、実技審査合格発表と学科審査、そして登録手続き。

撤収作業諸々あって、終了は16時少し過ぎ。
おつかれさまでした。


*


神奈川県剣道連盟杖道部会による公式「活動報告」は↓こちらをご覧ください。


http://kanagawa-jodo.main.jp/


本日の審査会、私は言われるまでもなく写真係でした。

で、例によって写真は Flickr(←Click!)にあります。
「2017年度 神奈川県剣道連盟杖道部会秋季五段以下審査会」albumを追加しました。
関係各位はよしなにご覧ください。
公式写真が個人名義アカウントにストレージされていることの是非は、どうか問わないでほしい。
ボランティアなんです。

なお、受審者の演武写真は1ヶ月後くらいを目処に閲覧制限をかけます。ご了承ください。


*


我らが玄武会WEBサイト「稽古日・お知らせ」も更新しました。




# by snowy_goodthings | 2017-11-03 16:10 | 稽古記

玄武会

今年4月に開設以来、地味に更新を続けている
神道夢想流杖道 玄武会(a.k.a. 玄武館坂上道場 杖道部・居合道部)のWEBサイトですが、
管理者(私)が長いURLを覚えられないため
短く "genbukai.info" に変更しました。


こちらでお見知り置きくださいませ。
神奈川県剣道連盟杖道部会ホームページ、
拙ブログの過去記事に掲載されたリンクURLは更新済みです。


11月は自分の生誕月であります。なにか始めるには、良い頃合い。
クーポンとかポイントのサービスとか、クレジットカードの優待とか、
自分になんらか行動(要するに購買・消費の行動)意欲を刺激しようと
あれやこれや機会がやってくるし。
なんでも良いほうに受け取って、なんでも試してみようと思ったりする。



# by snowy_goodthings | 2017-11-03 00:00 | 稽古記


日常瑣末事記録


by Yukiko I. N.

プロフィールを見る